2009年05月11日

お問い合わせ(脂肪便かどうか)

しのさんからメールで次のようなご質問をいただきました。

脂肪便かどうかということについての内容です。

こうした症状についてお詳しい方で、もしよろしければコメントを

お願いします。

*************************

カオル様

こんにちは。
何度か投稿したのですがエラーがでます。
みなさんに聞いてもらいたい事があります。

3年前町医者で症状から慢性膵炎と診断。
引越し先の今の病院では過敏性腸症候群と言われてます。
1年に数回下痢便とともにサラダ油のような油が浮かびます。
脂肪便ですよね?
昨夜は左肩から背中が重く下痢もひどいかったので朝一で病院に行きましたが
理由はわからないけれど・・・と整腸剤でました。
先生は過敏性の一点張りです。
油のとりすぎだけではでないですよね。(病気がら脂肪は取らないようにしてるし)
皆さんはそのような便をみたことありますか?

以上ですが、よろしくお願いします。
                        

しの

*****************************

posted by カオル at 22:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 膵炎体験談

2009年03月25日

体験談を寄稿していただきました。

「うに」さんから、ホームページの方へ重症性急性膵炎の入院体験談を寄稿していただきました。ERCPがきっかけであったそうです。重症性膵炎の体験は壮絶なものがあります。

「うに」さん、ありがとうございました。

posted by カオル at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 膵炎体験談

2008年07月28日

体重の減少をとめるには?

クニコさんから、体重の減少が止まらないということについて、以下のメールを頂きました。他の方からのコメントもあると心強いということで、ご本人の確認を頂いてブログへ転載させていただいています。多くの方が経験されている体重の減少ですが、皆さんはどう思われますか。よろしければコメントをお寄せください。

====================================

(以下引用)

こんにちは 初めてお便りさせて頂きます。 57歳の女性です。 ブログから元気を頂いています。 とても心強い次第です。ありがとうございます。私の経過を下記にまとめさせて頂きました。

【発症】 ・昨年2007年2月14日に右の背中が痛くなったのでかかりつけの行ったところ慢性膵炎と即診断されました。

【食事制限】 ・それから今まで、禁酒、禁油、脂肪、肉全般、チーズ、乳製品、ケーキ、牛乳他 油分、脂肪分の含まれる食品は食べていません。野菜中心と魚の純和食を食べています。お菓子も食べていません。

【処方薬】 ・総合消化酵素製剤(フェルターゼカプセル)と慢性膵炎(レセプロン錠100) スパカール錠を処方して頂きました。(緑内障の気があるのでフォイパンは処方されていません)ジェネリックのようです。

【検査】

・2007.12  大腸内視鏡検査―ポリープ小2つ取る・胃カメラ―ポリープ小2つ取る

・2007.12  甲状腺機能の検査―異常無し

・2008.6   レントゲン5枚―整体、背骨のゆがみ矯正のため(整体医院で)

・2008.6   CT検査、エコー検査、レントゲン、血液検査―全て異常無し

【悩み】

・(体重の減少)−昨年の2月に54kgが2008年7月に40kgの14kg減になり減り続けており、不安です。膵臓の消化が悪いのか食事制限のせいでしょうか。こんなに痩せる人もおられるのでしょうか。なんとか体重減少をとめられないでしょうか。

・(軟便)−朝1回の便はなかなか薬を飲んでも硬くならない。軟便の間は太れないのでしょうか。 ・時々の右背部の鈍痛です。(なぜか右なのです)

・食事後のおなかにガスがたまりよくガスが出ます。

私の場合大阪難波のかかり付けの個人病院の先生がたまたま膵臓専門だったので、背中が痛いと行った日に膵炎と診断されて治療して頂いています。 私の場合そんなに痛みは少なく時々の右背部の鈍痛です。又この間検便を取ったら緑便でした。それらは胆嚢と関係があるのでしょうか。又かかりつけの先生の定期的に診て貰っていますが軟便(朝1回)と上記に書いた体重減少が止まりません) それでセカンドオピニオンでこの間から阪大病院にかかりに行きました。まだ血液検査と問診だけですが血液からは問題が無く小腸でないかなと言われましたが、これから色々な可能性で調べて下さるそうです。  今のかかりつけの先生は投薬と食事指導とサプリ指導ですが軟便と体重減少が止まりませんがカオルさんは今の私の状況について大変申し訳ありませんがご意見頂けたら有難いです。

(引用終了)

================================

私自身は、脂質はずっと制限し続けることもできないので、いつかは摂る必要があるため、その時には減少は止まるのでは、という返事を差し上げました。

posted by カオル at 23:11| Comment(8) | TrackBack(0) | 膵炎体験談

2008年03月04日

bennysさんの体験談を転載しました。

bennysさんからブログに寄稿していただいた急性膵炎の体験談を、HPの体験談のコーナーに転載させていただきました。bennysさんありがとうございました。

posted by カオル at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 膵炎体験談

2008年02月21日

じゅん三郎さんから体験談を投書していただきました。

昨年4月に「慢性膵炎な掲示板」に投書をいただいた「じゅん三郎」さんから、その後の経過について、あらためて寄稿していただきました。同文を慢性膵炎ノートの体験談にも転載させていただいています。


腫瘍マーカーが上がるのは本当に不安でしたので、同じように数値が上がって不安に思っている方が
少しでも安心できるようにメールさせていただきました。
膵炎になってから現在に至るまでを書かせて頂きます。
  
2007年2月に七転八倒の痛みがあり内科を受診。
CTで、膵頭部の腫れと、主膵管の拡張がみられました。
血液検査でもアミラーゼ、リパーゼ 、CA19−9(腫瘍マーカー)が軽度上昇。
膵臓学会でも有名な大学病院を紹介され、
MRCPで『膵胆管合流異常』の可能性を指摘、ERCPを受けることになりました。
結果、膵胆管合流異常は否定され、膵液と胆汁の細胞診で
膵臓はクラス2b、 胆嚢がクラス2 との結果でした。
クラス3から疑陽性なので、2bは陰性ながらグレーゾーンで不安でしたが、
「炎症反応」だそうです。
 
その後『慢性胆嚢炎(胆砂症)』も新たに発覚。治療して砂はなくなりました。
血液検査は最低でも月に1回は必ずしていまして、アミラーゼが200前後、
リパーゼが70前後、腫瘍マーカー(CA19-9)が38〜54までを行ったり来たりを
繰り返し、1度も基準値内に入ることはありませんでしたが、
発症からちょうど1年の現在、アミラーゼ以外の全ての数値が下がりました。
(アミラーゼは、178でしたが、唾液腺由来でした。)
 
慢性膵炎になった原因ですが、お酒の雰囲気は好きですが、浴びるほど飲まないので、
アルコール性ではありません。
胆砂がありましたが、発症の1年くらい前からすごく強いストレスが
あったのでソレが原因だと思っています。
今でも、食事よりもストレスに強い痛みの反応があります。
 
慢性膵炎完治の新薬かなんかの情報で盛り上がれる日を楽しみにしています!
今後ともどうぞよろしくお願いします。
posted by カオル at 23:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 膵炎体験談