2009年05月13日

あったのね。痛み測定器

慢性膵炎の増悪期の痛みがどれほどのものかをお医者さんにもわかってもらいたい、ということで、以前夢の発明品として「シンクロペイン」という架空の商品を思いついてブログにも書いたのですが、先日新聞で痛みを測定する機器がすでに出ていることを知りました。

「ペインビジョン」というその商品は、腕に電圧による痛みをかけ、その痛みを病気から来る痛みと比較することにより痛みの度合いを測定する、というものです。

患者の個人差や、患者がウソをついている可能性などがあり、多少測定器としての完成度は落ちるのかもしれませんが、今までに比べればはるかに客観性があるのかなぁと思います。

結構普及しそうだと思いますが・・・

posted by カオル at 23:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 膵炎と痛み

2009年02月21日

1時間の来客

午前中は子供を病院(整形外科で骨折のリハビリです)へ送り、診察が終わるまでの間に実家に顔を出し、午後は数ヶ月ぶりに自分の部屋の片付けをしていましたが、その2時頃、

やってきました。

深い感じの痛みです。

喉の奥から食道のまわりがぎゅーっと締め付けられるような、回数は少ないですが昨今では同じパターンで来る痛みです。

あれあれ、来たかな?すぐ去ってくれればいいが、と思うのですが、少しずつ強度を増してくるのが分かります。

イヤな感じです。

でも、あまり長くは続かないだろうと思いながら、椅子にどっかりと座って、何もしないまま、頭の中を巡るのは原因探しです。

直前にパックのレギュラーコーヒーを飲んだなぁ。いつもと違うブランドだったなぁ。

最近仕事の疲れが溜まっているなぁ、これは大いにあるなぁ。

さっきはパソコンで家族のビデオを取り込んで見たりしたなぁ、目が疲れたなぁ。

3,4日前にビール(本物)を2口飲んだなぁ、でもこんなに遅く来るかなぁ。

最近食べ過ぎだなぁ。

あ、これこれ。

昨夜も食後に八朔を2つ分くらいと「おかき」を半袋食べたし・・・。

やっぱそうだよなぁ、ダメだよなぁ、境界性糖尿なのに間食復活してはまずいよなぁ。

と痛みにおとなしく耐えながら、でも動けないほどではなさそうだったので片付けも再開しゆっくりやっていると、

あ、久しぶりに柄にもなく片付けをしたのがまずかったか?

いやまさか。

とも思いつつ、ようやく1時間くらいすると、何となく収まってくれました。

夕方、買い物に出かけ、今日の夕ご飯何食べたい?と妻に聞かれましたが食べたいものなどあるはずもなく、食べることそのものが自信がなかったので「おかゆ」と答えました。

で、電気屋さんでぶらぶらと商品を見ていたら(意味はありませんが)もっと有力な原因を思いつきました。

昨晩のおかずが、ハンバーグだったのです。

それも、よそからもらったもので、手作りの上等な厚いものでした。

実においしくいただいたのです。

あ、これこれ。ハンバーグ。以前も滅多に買えない高級の牛肉で牛丼作ってもらってこんなことになったよなぁと思い出し、ちょっと解決した感じで落ち着きました。

それにしても焼き肉さえ、最近は解禁で食べているのに、高級な牛肉だけにはよく反応するようで不思議です。豚肉や安い肉、鶏肉はセーフなのです。

病気まで貧乏性なのでしょうか。

その後はすこしお腹の痛みがあり、下痢かなと心配しましたが少しソフトなくらいで、大したことはありませんでしたが、食欲は出ないままでしたので夕食は食べませんでした。

それにしても電器屋さんでパッとひらめいた、というのはまるでオチのようです。

posted by カオル at 22:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 膵炎と痛み

2008年10月19日

あちゃー

ひさびさ。

痛みで目が覚めました。

実はここ数週間仕事が非常に忙しく、いくらやっても終わらない状態で、ずっと緊張を強いられていたせいかちょっと鈍い痛みが続いていました。

職場で「おや、まずいかな」という痛み・重さを感じつつ、でも帰宅すると楽になっていたので、一時的なものであろう、と考えていたのですが、今朝はついにベッドの中で痛みで目が覚めてしまいました。

痛みの種類としては「胸を締め付けられるような」という表現がいいのかな。

背中や脇腹の特定の箇所ではありません。

ベッドの中で痛みの原因についてあれこれ考えていて、最近は仕事が多すぎるなぁという風に反省したり、これはまた薬の復活かなぁ、とか心配していたのですが、ふと気づいたのが昨晩の牛丼でした。

最近は私の膵臓の調子がいいので家内も警戒を解いてきており、また私自身も脂質制限のハードルをかなり下げていたので糖尿対策の「間食をしない」ということ以外は何でも来い状態だったところへ、どうも昨夜の牛丼は膵チャン的には限界だったようです。満塁のチャンスについにタイムリーが出たというか・・・

家内は最近はケーブルテレビで「フーディーズ」という料理番組をよく見ており、「料理ってあんなに油をつかうのようねぇ」とか「いかに私が油を使ってないかがよくわかった」とか「だっておいしいもん」などということを昨夜言っていたのですが、その牛丼は今から思うとまさに脂質大爆発ものでした。わたしも「これうまいねぇ」などと言いながら食べたのですが、調子に乗りすぎたようです。

で、いま朝の5時過ぎですが、4時ごろベッドから出て、ソファに座ってしばらくは痛みをあやすように深呼吸をしたりしてリラックス気分を作りだしていたのですが、これは久々に膵炎ネタだ、ブログに書かねば、と思ってこのブログを書き始めたのですが、不思議なことに、少し楽になってきました。

重さは残っていますが、「締め付けられる」度合いが減ってきたような感じです。

「げっぷ」が盛んに出るのですが、それも私的にはいい感じです。

また寝ます。

posted by カオル at 05:26| Comment(11) | TrackBack(0) | 膵炎と痛み

2008年10月11日

痛みを引き起こすもの

最近痛みを引き起こすものはアルコール以外としては次のものでしょうか。

@手先を使って連続的作業をすること。

集中作業がダメージになることが最近はっきりしてきました。会議資料など数枚の紙をそろえて一カ所をホチキスで留める、というようなことを締め切りに追われつつ続けるともうダメです。(機械買ってください。)またホームページを作っている時、ついつい集中してしまうことがあります。「あ、ダメ、集中し過ぎ。ここらで気を緩めねば」ということで休みます。

A脂質をとりすぎること。

アジがおいしい季節です。家内はなぜかフライにして出します。ついつい食べてしまいます。「大丈夫なの?」と言われながら。また、なすびを炒めた料理が最近多いです。なすびが油を力いっぱい吸い込んで、それはそれはおいしいのですが、その後は胸がキューッとなります。「あまり食べないでね」と言われますが・・・。

油断禁物 (「油断」継続?)

posted by カオル at 00:19| Comment(9) | TrackBack(0) | 膵炎と痛み

2008年01月04日

今日の痛み

年末年始にかけてのご馳走で、今日はやや強めの痛みを中央やや左側のあたりに感じました。朝寝ている時から始まっており、午後になっても収まらず、食欲も出ない状態だったのでやや「しつこさ」を感じ「あ、今日は痛みでブログが書けるぞ」という思いと同時に「ひょっとすると、断薬もそろそろ終わり?」という恐怖を覚えました。で、昼食は抜きにして、早めの風呂に入り、夕食にはサラダを皿一杯とヨーグルトを食べました。その時、カップラーメンも食べたのですが(汁はほとんど残しましたが)、痛みがなくなりました。

昼食を抜いたことや風呂にゆっくり入ったことがよかったのだと思います。早めの回復で助かりました。

posted by カオル at 00:16| Comment(12) | 膵炎と痛み