2008年05月15日

小野薬○に聞いてみる

マニアックな話題です。

以前話題になったフオイパンの名称について、(フォイパンではなくフオイパンなのですね)メーカーの小野薬○さんに直接電話で聞いてみました。

対応された方は私の変な質問にも丁寧にお答えくださいました。

で、わかったことは、

@ 「フオイパン」は社内でも「フォイパン」と呼ぶ人が多い。

A 医療関係者でも「フォイパン」とよく呼ばれる。

B 日本以外では韓国でだけ販売されている。(なぜ他の国々では売ることができないのか  は聞きませんでした。)

C フオイパンの名称は点滴のFOY(エフオーワイ)と膵炎を意味するpancreatitisを合体して作られたものである。(FOYが先だったのですね。)

FOY + Pancreatitis = FOYpan

D FOYも海外では韓国・台湾・イタリアでのみ販売されているだけである。

ここからは私の推測です。

フオイパンの「オ」の大きさですが、エフオーワイを元に名付けた時に、エフオーワイの語感の中の「オー」の強さをそのまま引きずりたかった。あるいは引きずってしまったのではないでしょうか。

エフオーワイパン → エフオーイパン → フオイパン

他に聞きたかった質問として「なぜそんなに高いままなんですか」というのがあったのですが聞けませんでした。

小野薬○さん、ありがとうございました。





posted by カオル at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 膵炎と薬

2008年03月29日

フ「オ」イパン?

とても細かいことでくだらないことだとは思うのですが、ホームページの書きかえで膵炎の薬についてネットで調べている時に気づいたのですが、フォイパンは正しくは「フオイパン」なのかも知れないということです。何が違うかといいますと、「オ」の大きさです。医薬品のサイト内の検索では小さい「ォ」だと引っかからないことが多く、大きい「オ」だと何件も出てくるということが数回ありました。たぶん製品名は「フオイパン」ですね。読み方はどうなんでしょう。「ふ・お・い・ぱん」でしょうか。「ふぉい・ぱん」の方が断然言いやすく普通ですね。どうでしょう。
また、同じ小野薬品の点滴用の薬剤にFOYというのがありますが、これもサイトによっては「エフオーワイ」としてあるところがありました。それが正式名称でしょうか。

なかなか手強いかも、小野薬品。

posted by カオル at 23:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 膵炎と薬

2008年03月20日

薬の服用期間

メーリングリストでちょっと話に出ているのが、フォイパンの服用期間についてです。皆さんは、いったいどのくらいの期間飲んでいらっしゃるのでしょうか。もしよろしかったら教えてください。私自身は最長で3年くらい飲んだと記憶しているのですが、それよりはるかに長い方も多いように思うのですがいかかでしょうか。
(メーリングリストの内容はリストに参加されていなくても読める設定にしている(ハズ)と思います。)

posted by カオル at 22:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 膵炎と薬

2007年12月29日

フォイパンはだいぶいいらしい。(本から)

『生活習慣とすい臓病』からもう一つ興味深い記事です。フォイパンに代表される蛋白分解酵素阻害剤についてのものです。記事によるとこの薬の効能は、単に消化酵素の働きを抑制するばかりでなく、膵臓の線維化をも抑制することがわかったということです。またすい星細胞という、膵炎を悪化させる細胞の増殖を抑えたり、他の悪化を引き起こす物質の放出を抑制することもわかったそうです。だから膵炎の初期(代償期)ばかりでなく、中期(移行期や非代償期の初め)にも意味があるということのようです。

ただしアルコールを摂取する場合は意味がなくなる、という注釈つきでした。

posted by カオル at 00:54| Comment(15) | 膵炎と薬

2007年10月30日

気になる記事・フオイパンの線維化抑制効果

ネット検索中にちょっと気になる記事を見つけました。

2年前の、お医者さんのサイトの中の講演会のメモのような
記事ですが、

「フォイパンの線維化阻止作用
初期に治療開始すれば、可逆性になるのでは。
フォイパンは、慢性膵炎の移行期・非代償期にも有効」

という文言です。「可逆性」という言葉が大変魅力的です。

体験的にも、膵炎というものも、まんざら不可逆性一辺倒ではないように思っていますが、この講演者はどれくらいの裏付けを持っておられるのでしょうか。

リンクのお願いをしようとメールアドレスを探しましたが見つかりません。

勝手にリンクしてしまった。

(追記です。2015年、そのサイトは閉鎖されていましたので、フオイパンの線維化抑制効果についての似たような内容の記事(フオイパンの線維化抑制効果 臨床試験登録)をご紹介します。)
posted by カオル at 23:59| Comment(5) | 膵炎と薬