2009年05月16日

「キリン フリー」

アサヒのポイントワンに強力なライバルが登場しましたね。「キリン フリー」というノンアルコール飲料です。アルコール分0.00%ということですが、全くないのでしょうか。(それとも少数3桁目にあるのかな。)実は私も4月に発売されてからは、ポイントワンからの転向組となりました。2週間くらい前に近くのスーパーに行き、品切れになっているのをみて「おや本当に売れてるな」と思ったのですが、やはり販売予定を大幅上方修正だそうです。

http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/090514/sty0905141621005-n1.htm

ポイントワンと比べると心地よい香り(「ホップ」の香りでしょうか)があり、飲みやすいところがいいですね。

ただ、アルコール分が無い、とはいうものの、飲んだ後、なんとなくですが酔ったような感じが確実にあるのですが、どういうことなんでしょうか。集中を要する仕事はやりにくいような軽度の「ふらふら感」とでもいいましょうか。

勤務中の昼休みに飲むことはためらわれますね。

不思議な飲み物です。

2008年11月18日

多少ダメージが・・・

クラウスターラーのダメージですが、やはり多少ありました。しかし、昨夜の食事が実は「キムチ鍋」で、多少辛めのスープに鶏肉と豚肉という、やけくそ膵臓自爆料理だったので、ダメージが料理から来たのかクラウスターラーから来たのかよくわからないのです。

昼過ぎまでそれなりの痛みが膵臓付近を中心に停滞しておりました。

今度はクラウスターラーだけ飲んで試したいと思います。

2008年11月16日

クラウスターラー

近くの輸入食料品店にドイツ原産のノンアルコールビールがありましたので買いました。

「クラウスターラー」( CLAUSTHALER )という名前です。

裏面の日本語のラベルによると、

「ビールと同じ原料、製法でつくりました」とありました。

アインベッカーと同じです。

アルコール分が0.4%あり、膵炎族にとってはちょっと高めかなと感じられましたが

飲んでみると・・・

これはOK!という感じです。

アインベッカーと同じような本物のビールっぽいコクとキレを感じます。

「ポイントワン」は安くて手軽なのですが、味の面ではこういう「ビールと同じ原料、製法」の

ものにはかないませんね。

値段も170円くらいで、同量で300円を超えるアインベッカーよりかなりお得感はありま

す。

あとは0.4%がどんなダメージかということでしょうか。

Photo

2008年09月30日

この感覚

アインベッカーを飲みました。

冷えるとなかなかおいしいのですが、やはりアルコール分が無いので普通のビールとは違うわけです。ノンアルコールとしてはすごくいいものだと思いますが、飲みながら今日ちょっと思い出したのは、

「このちょっと抜けた感じは何かに似ているぞ・・・・・」

ということでした。

「何だろう・・・・」

と考えてみると・・・・・

わかりました。

「あ、ニコチンのないタバコだぁ」

今でこそ禁煙して10年以上になりますが、昔は結構吸っていました。

20代のその頃、なんとかやめようと思い「○煙パイポ」などというものを使ったり、また、ノンニコチンのたばこを吸ったりもしました。

パイボは火を付けず、ただ口にくわえているだけですが(時々間違えて付けてましたが)、ノンニコチンは実際に火を付けます。ただ、吸っても吸っても何かが足りない感じで、その足りないものを求めてどんどん吸引してしまうという感じでした。でも結局は求めているニコチンの味は得られないわけですからただの紙切れを巻いて吸っているような気がしてバカバカしくなってすぐにやめました。

そんな努力がばかばかしい、とお笑いください。

で、ノンアルコールビールとノンニコチンのタバコの共通点にもう一つ気づきました。

それは、

どちらも本物よりかなり値段が高い

ということです。

(どういうこと?)

2008年09月23日

冷やすとうまい!

アインベッカーの続きですが、昨日は生ぬるい状態で飲んだのですが、今日は一日冷やして飲みました。

すると味がグッとよくなって、「あ〜これこれ!」という感じでした。

知人が道の駅で飲んだ時も、グラスがキンキンに冷えていたそうです。