2010年12月07日

All Free

アルコール分ゼロの飲料が最近は社会的に認知されてきました。これもひとえに膵炎族の要望のおかげでしょうか。(ちがうちがう)
社会的に飲酒運転に対する見方が厳しくなったからなのでしょう。
で、最近はサントリーのAll Freeなるノンアルコールを結構飲んでいます。キリンのFreeの真似真似商品であることがあまりにも露骨ですが、それでも売れれば良いということなのではないでしょうか。(ビジネスは厳しいですから・・・・)

キリンフリーのコピー商品の中では上出来な味はないかと思います。

次なるコピー商品の名前はFleeでしょうか。蚤という意味ですが、「飲み」とかけて・・・・

2009年10月14日

サッポロナントカ

ノンアルコールビールブログのようになっています(が、まいいか)。

キリンフリーに対抗してアサヒはポイントゼロを出し、サッポロもナントカというのを出した(飲んだのですが缶が今手元になく名前忘れたのです)のですが、2,3日前にお店で買い、飲んでみました。

最初に思ったのは「これはキリンの一人勝ちだわ」ということでした。アサヒのポイントゼロは、風味がまるでカメムシのように感じたというのは以前の記事に書いた通りですが、その点サッポロナントカは、そもそも「風味というものがない」という感じでした。

キリンフリーからホップ(でしょうか)の香りを抜いたもの、という印象です。

キリンフリーのフタを開け、30分くらい経ったらこうなるのではないでしょうか。

少しはビールの味はするのですが、風味がないため、これを買うならキリンでしょう・・という感じです。

なのに値段はキリンフリーと同じで135円くらいするのです。

既に市場に出ているキリンフリーなんですが、その味を真似するのはそう簡単ではないんですね。

サッポロナントカの横に、キリンフリーの350m缶と新しく出た500ml缶が誇らしげに立っていました。

2009年09月03日

アサヒ・ポイントゼロ

キリンフリーに対抗してアサヒビールが「ポイント・ゼロ」なるノンアルコール飲料を売り出しました。

妻がお店で見つけて買ってきてくれました。

味は、キリンフリーの手法をそのまま取り入れようとしたのでしょう、「ホップの香り」というか、とにかくポイントワンよりも、何かが「香る」ようなものにしていると思われます。

その香りそのものについては、キリンフリーの方が心地よさは優れているような感じがします。

ポイント・ゼロは、何か香りに「混じりけ」のような、純ではないものがあるような、(キリンフリーが純だということではありません)何か「うまい」と判断できないような抵抗感を覚える部分が感じられます。

例えていうと、その抵抗感を覚える部分をもし100倍に濃くしたら、カメムシの臭いになってしまうのではないだろうか・・・というような部分です。

まるで酷評しているようですが、そんなに悪いということではありません。あまり気にしなければ気にならない程度の違和感です。

値段はキリンフリーよりも少し安かったそうです。

2009年06月25日

ホッピー現る!

自動車業界ではハイブリッドがホットな商品となっているようですが、飲料品業界ではノンアルコール飲料が市場を拡大しているのではないでしょうか。

西日本の私の住む町にもついに「ホッピー」が売られていることを発見しました。

ホッピーは関東ではよく知られていると思うのですが、西日本では、私はブログでコメントをいただいて初めて知ったものです。

確か焼酎を割ったりするとか、何か他のアルコールと混ぜるような飲み方が主流だったような気がします。

で、ホッピー発見のうれしさに思わず買いました。「ブラック」という方です。

味は・・・・・

う〜ん・・・・・

ホッピー単独ではちょっと役者が不足する、という感じでしょうか。

それだけで飲むのはつらいものがあります。その辛さは、たとえていえば、何かおいしい飲み物をほったらかしにして主要成分が抜けたような、そんな感じでしょうか。

コーラを置いていて炭酸が抜けた・・・

とか、

冷たいビールを置いていて、アルコールと冷たさが抜けた、とか、

単独で飲むノンアルコール飲料と考えることに無理あるのかもしれませんね。

2009年06月22日

「キリン フリー」効果?

近所のスーパーのアルコール飲料コーナーに新しいノンアルコールビールが陳列されていました。

ドイツの「ホルステン」です。

以前、他の方から紹介していただいたことがありましたが、実物を見たのは初めてでした。

珍しいので早速買いました。値段もお安く120円くらいでした。

キリンフリーは140円くらいしますからかなり安いですね。

アルコール分は0.03%だそうです。味もいいですね。ポイントワンよりいいかな。

このような新しいノンアルコールビールが増えるのはいいことです。

「酔える」ノンアルコールはないですかね。(意味不明ですね。)