2008年06月30日

胃カメラを飲む

近くの総合病院へ行き胃カメラを飲みました。

胃カメラは、7,8年前に一度飲んだことがあったのですが、久しぶりに苦しい思いをしました。最近は鼻から飲むものもあり、それだったら楽そうだな、と思ったのですが、鼻からより口からの方が「よく見える」そうで、どちらにしますか、と聞かれたのですが、よく見えるなら口からで、ということで従来型のものにしました。

胃の中の泡を消す飲み薬をのみ、胃の活動を止める注射をし、喉を麻痺させるゼリーを流し込みました。

ゼリーの麻酔が効くまで5分ほど待って診察台に行き、横になりました。

胃の中を写すテレビカメラは、横になっている私の目線よりかなり上にありました。見ようと思えば見られたのですが、「無理すると唾液などの体液が器官に入ってしまいますよ」ということなので、あきらめました。自分の胃の中のライブ中継で、何か変なものが登場するとショックを受けるだろうという思いもありました。

カメラが入ります。

異物が喉から入ってくるというのは本当に不愉快だと感じました。

カメラが舌を越えて「のどち○こ」を通り過ぎる頃が一番苦しいのですね。

「こんなに苦しかったかなぁ」と思いながら「オエー、オエー」と嘔吐を2、3度つきました。

涙も自然とこぼれてきます。

「体を楽にして〜。息をふーっと吐くといいですよ〜」という看護師さんのアドバイスに従って、腹のそこから息をはくようにすると嘔吐を抑えることが少し楽になりました。彼女はが子供をあやすように、私の肩をトントンたたいてくれます。

胃の中に入ったカメラで、今回X線で陰となっていた部分をはっきり見るためにレンズの向きを変えました。また水を流して胃を洗浄し、次に空気を送って見やすいようにしました。

胃カメラっていろいろなことができるのですね。

嘔吐を我慢しつつ、目からは涙、口からは唾液を大量に流しながら、検査は続きました。

事前の説明で、もし腫瘍のようなものがあったら、生検のために少し組織を採取すると言われていたのですが、それはありませんでした。

「はい、もう終わりですよ〜」と言われるまで、ほんの数分なのでしょうが、相当長く感じられました。

検査の結果は、カラー写真を使って説明してもらいました。

バリウムの陰ができていた部分のアップの写真がありましたが、何もなくきれいで、特に異常はない、とのことでした。

ただ、食道と胃との間の接合部がおかしくて、なんとかヘルニアといえるということでしたが、大したことはない、ということでした。いつもゲップばかりしているからでしょうか。

X線検査結果で要精密検査と言われてから、ずっと胃がしくしく痛むように感じていたのですが気分的なものだったのでしょうか。

今もちょっと痛みを覚えているのですが、これは背中までいっているので多分膵臓なのでしょう。

とりあえず、何もなくホッとしているところです。

posted by カオル at 22:59| Comment(10) | TrackBack(0) | 膵炎と日常

2008年03月31日

人を看病する

家族ネタで恐縮です。
数日前から家内が微熱を出して寝込みがちです。
4、5日前は昼間は平熱なのが夕方に高くなる。ムカムカして時にカラ嘔吐をつく、という状態で、近所の医院に行くと「細菌ではなくウイルスだから抗生剤はなし。安静に」とのこと。炎症反応の指標であるCRPは2.4。頭痛の頓服薬のみもらって帰りました。それで安静にしていましたが熱は下がらず、逆に2、3日前から昼間も熱が出るようになっててしまい、吐き気は収まったものの、今度は咳がひどく出始めるように・・・・。「あれ、ホスピタルショッピングしてみるか」と今日は別の病院へ行きました。今日はCRPは3.4に上昇。確か4を越えると入院レベルだったような・・・・。レントゲンを撮り診断は肺炎。食事が摂れるので入院はいいでしょうということで、抗生剤をしっかりもらって今も安静にしています。この間
休みを除いて子供は家内の実家。さきほどようやく夜にしては平熱、という状態まで落ち着きました。1つめの病院と2つめの病院で症状が違ったのですが、初めの症状が治って、次に肺炎をもらったのか、初めから肺炎だったのか、よくわかりません。

久しぶりに看病する側にいられた一週間でした。

posted by カオル at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 膵炎と日常

2008年03月19日

ホワイトデーを忘れる。

妻にホワイトディーにお返しをするのを忘れました。職場でもらった方々へのお返しキャンディーの袋詰めや包装を家内に手伝ってもらいながら、家内本人へのお返しには思い至らない、という大チョンボ。

「こんなこと結婚して以来初めてよ」

と3日ほど我慢して怒りを表現されてしまいました。

今日は飲み会でしたが、飲み代ほどの「おみやげ」を買いました。

posted by カオル at 23:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 膵炎と日常

2008年02月03日

久々に二次会へ

先週の金曜日、職場の飲み会がありました。
普段なら一次会でウーロン茶をガバガバ飲んで帰るところなのですが、今回は気の合う方々ばかり、ということもあって「じゃ2次会も行きましょうかぁ」という感じで久しぶりにスナックというところへ行きました。
3年ぶりくらいかなぁ。

で、皆さんが酔っぱらっていかれるなかで、ひとり冷静にウーロン茶を飲み続け、適度に歌いながら楽しくすごすことができました。

3年ぶりに2次会に行って気づいたこと。

@スナックのウーロン茶がペットボトルではなく、缶でした。もちろんそのスナックだけの話ですが。また非常にサービスがよくグラスがカラになることがありませんでした。だからどんどん飲んでしまいました。10缶近くかなぁ。小さい缶ですが。接客のお姉さんが「あまり、トイレに行かれませんが大丈夫ですか」と途中で聞かれましたので「ええ、実はだいぶ漏れてしまいまして、ソファを濡らしてしまってごめんなさい。」とオヤジらしく答えておきました。

Aカラオケをリクエストするのが、本とリモコンではなく、タッチセンサー付き液晶パネルだけに変わっていました。しばらく行かないうちにカラオケにも技術革新が起っていました。この変化は衝撃的でした。歌を探すのにちょっと苦労。液晶パネルには一覧性があまりないので、適当に選ぶことが難しいですね。

お酒も飲まないのに二次会へ行くことができる、というのはある意味では社会復帰かも。

膵チャンとしては、特になにごともなし。

家内への連絡ができなかったので午前様で帰った時はおかんむりで、そちらの方が怖かった。

posted by カオル at 21:52| Comment(6) | TrackBack(0) | 膵炎と日常

2008年01月31日

ああ勘違い(メーリングリストまたまた・・)

しつこくメーリングリストの話題ですみません。
実は自動登録をして頂くアドレスを間違えていました。

suien-subscribe@yahoogroups.jp

↑こちらへメールを送っていただくと自動的にメンバーになる、という仕組みでした。

これまで加入の申し込みを頂いたみなさんには、私の方で手続きをいたしましたので改めて
登録をしていただく必要はありません。(さっき、その手続きをしましたのでその旨のメールが届いているかと思います。)

昨日添付したメールアドレスは、メンバー登録後にお互いにメッセージを送る際のアドレスでした。

どうもお騒がせいたしました。

(退会も自動手続きですのでお気軽に。)


posted by カオル at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 膵炎と日常