2010年12月03日

特になにもなく・・・

仕事が忙しい以外は特になにもなく・・・

ただ、忙しさのために気分が凹んでいる、という状態です。

ウツとまではいきませんが・・・

膵チャンは相変わらず好調というか寛解という感じです。

最近の主な症状は

・食後は少し膵臓あたりが少し重い感じがする

・ガスがよく出る

・口臭が(たぶん)すごい

・頻糞(ひんぷん)

・お酒は飲めない。(飲むと翌日痛む)

というところです。

まぁ日常生活を送ることができているので幸せだとは思います。

posted by カオル at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 膵炎と日常

2009年06月15日

温泉に行く

昨日の日曜日は久しぶりに一人で温泉に行きました。

午後3時過ぎだったのですが、家から車で20分くらいの鄙びた温泉です。

浴室はあまり広いものではなく、どれくらいと言えばいいのでしょうか、よくテレビドラマに出てくる下町の銭湯くらいの大きさでしょうか。

お客は私のような中年のおっさんから70歳以上かと思われる高齢の方くらいまでの年齢幅で、若い人はいませんでした。

約12、3名くらいがいたでしょうか。混んでるわけではないのですが、浴槽ではちょっと身を置く場所に困るくらいの人の数でした。それでも何とか隅に自分の場所を確保し、ゆっくりと温泉の湯に浸ることができました。

ちょっと奇妙だったのは、お互いに知り合いという人がいないようで、誰もかれもがずっと黙りこくっていたことでした。

常連さんならお互いに話し合ったりもすると思うのですが、日曜日の午後の早い時間帯となるとあまり常連さんは来ないのかもしれません。

目の前にいた私と同じくらいの年齢の人は、湯船につかりながら、ひたすらうつむいて御自分の股間あたりをじっと見つめているのでした。

私はその真剣なまなざしと、おじさんが股間に話しかけるのではないかという予感にちょっと恐怖を抱いて湯船からあがることにしました。

温泉であまり大声で話されても抵抗を感じますが、誰も何も話さず、皆バラバラな個人が一人ずつ来て、じっと固まっているような感じも何か寂しいものですね。

私も黙りこくったまま、20分くらいで浴室を出て、ロビーにあったマッサージチェアで体をほぐし、自動販売機のジュースを飲みました。

温泉はやはり私にはよく効くようで、慢性前立腺炎からくる痛みが明らかに軽減しました。

体もすこし軽くなったような気がしています。

孤独な温泉が合っているのかも知れません。

posted by カオル at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 膵炎と日常

2009年02月10日

五十肩

今朝起きたら左の肩が痛くなっていました。最近は左の肩を下にして寝ているのですが、そのせいかもしれないなぁと思って職場に行ったのですが、周りの人に話すと

「それは五十肩」

と簡潔な説明をしてもらえました。数年前右の肩でも起こったことではあるのですが、やはりそういうことなのかもしれません。左の腕があまり上がらない状態です。夜入浴後、下着のシャツを着ようとするのですがあまりうまく着ることができませんでした。ふと、数十年後に自分が介護されている姿が目に浮かびました。

posted by カオル at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 膵炎と日常

2009年01月01日

味覚のない正月

仕事が休みで家にいるわけですが、風邪をひいているのかこの2、3日、味覚がありません。今の家を新築してから冬場には必ずそういう状態が続き、築50年の実家に帰ると鼻がスーッとするということも何度も経験しているので、どうもシックハウスということになるのかな、とも思うのですが真相は不明です。

大好きな梅こぶ茶がただの白湯と変わらない味なのでちょっとショック。

posted by カオル at 23:28| Comment(5) | TrackBack(0) | 膵炎と日常

2008年12月25日

妻寝込む

私のインフルエンザが治りかけた一昨日、妻が熱をだして寝込みました。てっきり私のインフルエンザがうつったのだと思ったのですが、病院で調べると違ったそうです。昨夜のクリスマスイブは知人家族と楽しくすごす予定でしたがパァになってしまい、さらに、私は休んだ分の仕事があるため残業になり、妻は一日中寝たきりで、夕食は結局小学生3人の子供たちだけでパーティセットを食べる、というようななんだか寂しいことになったようです。

ベランダのプレゼント箱に届けられるサンタのプレゼントは喜んでいましたが。

(我が家では6年生の長男まで信じています。これホント。)

posted by カオル at 23:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 膵炎と日常