2011年06月05日

和式

引き続き子供ネタです。

小学校4年の子供といっしょに6年生の兄の野球の試合を見に行きました。

運動公園というような広大な敷地にある球場です。

試合中、4年生の子供はどこかへ遊びに行っていたのですが、途中で私のところに来て、

「お父さん、うんこしたいけどトイレに洋式がない」

と言いました。

「洋式がなかったら和式ですればいいじゃないか。だいたい、学校は和式だろう」

「学校には一つだけ洋式があって僕はそこへ言ってるんだ」

「でも洋式がないんだから、仕方ないじゃないか。パンツの中にするしかないぞ」

と言うと息子は

「じゃあ野グソする」

と言いました。

バカ、野グソは和式だろ。洋式の野グソなんて聞いたことないぞ」

「あ、そうか」

ということで、和式の公衆トイレで済ませました。

問題ありませんでした。

posted by カオル at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 膵炎とお笑い

2011年06月01日

海賊

パイレーツ・オブ・カリビアンという映画の続編が上映されるようでテレビではその宣伝用の番組や過去の作品が放送されています。

「海賊」という言葉は子供達にとってはとても魅力的なようで、小学校6年と4年になる我が子(二人とも男)は食い入るようにその映画宣伝用番組を見ます。

で、海賊についてテレビで得た情報をさも得意そうに私に教えてくれるのですが、2,3日前、小学校4年生の子供がこう言いました。

「お父さん、海賊って人から盗ったお金で『女遊び』っていう遊びをするんだって。どんな遊びなんだろうね。」

「ふ〜ん」としか答えられませんでした。

posted by カオル at 19:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 膵炎とお笑い

2011年01月11日

チュートリアル福田さん 急性膵炎で入院

またしてもお笑いの方が膵炎で入院というニュースです。

チュートリアル福田さんです。

よほどのストレスなのでしょうか。おそらく飲酒が直接の引き金だと推測しますが(勝手な推測です)、しかし、芸能界には他にも同じようにストレスを抱え、同じようにたくさん(推測話を進めますが)お酒を飲む人は多いと思うのですが、お笑いの方がこうも続くというのは何かストレス以外の要因が絡んでいるように思います。

基本的に破滅型の性格をしてらっしゃることが遠因かな。(これも勝手な推測)

他の芸能人にも膵炎に罹っている人はいたが、急性膵炎→酒飲みというイメージがあるため本当の理由を隠してきた、ということもあるかも知れません。

中川家剛さん、次長課長河本さん、チュートリアル福田さんと続いています。

ボケと突っ込みでの違いはないようです。

皆さん背の低い方かな。

皆さん30代で飲酒歴がちょうど10〜15年くらいでしょうか。

膵炎危険年齢なのかも知れません。

私の膵炎も35歳の時でした。

お笑いではありませんが・・・

(ボケではあるかも・・・)

次は「笑い飯」さんなんか破滅型にも見えるような・・・・

M-1の賞金を祝賀会に使うと言っておられましたし・・・・

posted by カオル at 23:21| Comment(7) | TrackBack(0) | 膵炎とお笑い

2009年02月04日

バス

「お母さん、今朝お父さんとバスに乗っているとき、お父さんが私に、女性の方へ席を譲りなさいって言ったのよ。」

「あら、そりゃいいことじゃない。それで譲ってあげたの?」

「うん」

「じゃ、いいことしたのね」

「でもねお母さん。私はお父さんの膝の上に乗っていたのよ。」

posted by カオル at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 膵炎とお笑い

2008年05月10日

膵臓の歌

YouTubeという動画サイトで pancreas (「膵臓」) という歌のビデオを見つけました。歌っているのは、Weird Al  Yankovicという、アメリカの有名なパロディソングの歌手で、過去にマイケルジャクソンやビリージョエルなど、いろんな人のパロディーソングを大ヒットさせています。日本でいうところの嘉門達夫さんや所ジョージさんのような感じの方でしょうか。

以下のリンクを開くと歌が始まります。

pancreas

普段は誰も気にも留めない「膵臓」をテーマにしているところがおもしろい、
ということなんでしょうか。ちょっと日本的ではない感覚ですかね。
歌詞は大体以下のようになっています。

I'm always thinkin' 'bout it       いつも考えているのさ
I don't know what I'd do without it  それがなくちゃどうにもならないよ
I love, I really love            僕は本当に本当に膵臓が大好きなんだ。
My pancreas

My spleen just doesn't matter     脾臓なんてめじゃないよ。
Don't really care about my bladder  膀胱なんてどうでもいい。 
But I don't leave home without     だけど膵臓だけは、それがないと家からも
My pancreas                                  出られないよ。

My pancreas is always there for me 膵臓はいつも僕のためにそこにいてくれる。
Secreting those enzymes        酵素を分泌してくれている。
Secreting those hormones too    ホルモンも分泌してくれている。
Metabolizing carbohydrates just for me 僕だけのために炭水化物も代謝してくれているのさ。

(中略)

My pancreas attracts every other pancreas in the universe 僕の膵臓は宇宙に存在する他の全ての膵臓を引きつけるのさ
With a force (with a force) (with a force) proportional to the product of their masses 質量の二乗に比例する力で
And inversely (Oooh ooh-ooh ooh) proportional to the distance between them 距離に反比例する力で

Don'tcha you know you gotta                                    
Flow, flow, flow pancreatic juice
Flow, flow into the duodenum 膵液が十二指腸に流れなきゃならないって知ってるかい

Won'tcha flow, flow, flow pancreatic juice
Flow, flow into the duodenum  膵液を十二指腸に流そうぜ

Lipase, amylase and trypsin リパーゼ アミラーゼ トリプシン
(Won'tcha flow,) (insulin) (flow, flow) (glucagon) (pancreatic juice)(流そうインシュリン、グルカゴン、膵液)
They're gonna help with my digestion それが消化を助けるんだ 
(Flow, flow into the duodenum) (十二指腸へ流そう)
(Comin' from the islets of Langerhans)(ランゲルハンス島からでるのさ)

インスリンとグルカゴンも消化酵素であるかのような誤解を招きそうです。

posted by カオル at 23:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 膵炎とお笑い