2016年06月27日

暴食

暴食してしまいました。
昨日の昼ですが、中学3年の三男とラーメン店へ行き、それぞれとんこつラーメンを注文し、私だけ餃子二人前を追加しました。餃子二人前は三男も食べるだろうという「読み」からでしたが、あにはからんや、中学生の育ち盛りのくせに餃子に手を伸ばさないのです。
餃子のことも少し気にしつつ、ラーメンを食べていると、どうも麺が少ないなぁと感じ、麺の追加注文もしました。そのうえに、「やっぱりこいつ食わないのね」と餃子も二人分を平らげて、結局、脂質とカロリーの爆裂摂取です。

そのあと、帰宅してしばらくすると、お腹がゆるくなってしまい、「ああ、さすがにくるよね」と思ったのですが、その後トイレにしゃがむこと5,6回。

液状とまではいかなかったので、まだマシなのかもしれませんが、何やってんでしょ、と思った一日でした。
posted by カオル at 02:45| Comment(6) | TrackBack(0) | 膵炎と日常
この記事へのコメント
カオルさんこんばんはです。二枚貝をBBQなどで焼くとき、貝の身の方が上になる事よくありませんか?どうしたらよいか知りたくないですか?おそらく頭の良いカオルさんの事ですから、きっと答えをご存知だとは思いますが、私はずっと知らずにきましたので、「えーっそうなんや」って感じでしたが、BBQなどする場合は知っていた方が良いですね(^^)
Posted by ライラック at 2016年07月07日 02:33
こんばんは。
何か誤解されているようですが、私、頭よくありません。

どうやったら貝の身が下になるようにできるのですか?

二枚貝にも上下があるということですかね。

それをどうやって見分けるか・・・・

つなぎ目に秘密があるのでしょうか。

(クイズ番組など見ていてもほとんど当たりません・・・)

答え教えてくださ〜い。

Posted by カオル at 2016年07月08日 23:12
カオルさんこんばんは。さっき久方ぶりにブログを拝見しておりました。何か面白いコメント書いてあるな♪なんて思いながら……
貝の身を下になるように焼く話で、カオルさんは「何か勘違いされているようですが、私は頭が…」てな感じで…

しかし最後まで読み進めていくとなんとライラックというハンドルネームがっ!!
つまり私だったという事ですかね?(汗)何日も放置プレイならぬすっかり忘れておりました(汗)×2(えらいこっちゃ)

とんだご無礼をお許し下されm(_ _)m
しかも答も忘れている始末。もうボケボケなんです(哀)
それで、ネットで調べましたので今から書きます。今さらですが、カオルさんももう自分で調べたかも知れないなぁとか思いつつ。

長い前置き(言い訳)ですみません。

え〜っと簡単にいいますと2枚貝はオープントースターなど上から熱を加えれる機械で焼けばいいんです。実は貝に上下などないのです。熱が加わった側の貝柱が外れるのです。(思い出してきました)

しかしBBQでは上からの火がないですね。そういう場合はぴったりとアルミホイルで包むのです。
5分焼いて1分蒸すのが良いらしいです。火加減は知りません。

七夕の未明にあった知識は、本当にこれと同じだったのか?やはり解りませんが、もっとよく調べてみます。
Posted by ライラック at 2016年07月26日 21:41
先ほどの二枚貝は蛤の場合です。上から加熱するとか、アルミホイルで蓋が開かないようにして焼くとか言ってましたが、もっと良い方法がありましたのでご紹介します。

もうご存知の通り普通に下から加熱すると、必ず身は上の殻にくっつく事になるので、
予めおしりのほうにある蝶番のところに包丁を入れてバカっと開かないようにしておくんです。包丁は先の方ではなく、柄の近くを使って下さいね。
これだと下から加熱するだけで大丈夫です。

強火で焼き、口からシューッと蒸気が出てきてから2〜3分でOKです。
強火っていうのと焼きすぎないのが美味しさのコツです。

ホタテの場合は完全に外してしまうのがベストです。
上の殻、身、下の殻というように。元気なホタテ程、いくら焼いても中々口が開かず、プリプリ感も無くなり、美味しい汁は網の底という事になるようですから。

そして再び身を殻に乗せ、その上に殻を乗せた状態で下からの炎で焼きます。

最後にほんの少し、醤油とバターをのせて少しやくのがオススメです。

最後にクックパッドみたいになってしまい膵ませんでした。
Posted by ライラック at 2016年07月26日 23:05
コメントありがとうございます。


物忘れは、私も最近激しくて、スーパーに駐車した自分の車がどこにあるのかわからず、とてつもなく不安になるようなことが続いています。

でも、貝の上と下ってどうやって判断するのだろうかという悩みは覚えていて、最近は夜も寝られませんでした。

ホタテですが、私の住む中国地方では、口にはするものの、それは身を食べるだけであって、あまり貝殻のついたホタテを調理する機会はありません。

一度、親戚が、何かの贈り物で北海道のホタテをくれたことがありますが、日頃食べるものと違って格段においしかったことを覚えています。

そういえばしばらく貝を食べていないと思います。


ホタテのロックンロールの方もなくなってしまったし。(古い!)


Posted by カオル at 2016年07月27日 20:43
こんばんは
夜も寝られなかったとは申し訳ないです。でもちょっと嘘くさいかな。エヘッ

ひとつ書き忘れた事があって、ホタテは焼いている途中で身をひっくり返して下さいね。

最後の方で醤油とバターを乗せて焼く、という調理方が殼付きホタテの一番美味しい食べ方だと教えて下さったのは、北海道出身の有名な方です。うふっ♪

夏本番ですね、これからもっと暑くなると思います。熱中症にお気をつけて下さい。
Posted by ライラック at 2016年07月29日 21:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175835784

この記事へのトラックバック