2014年12月28日

リパーゼ トリプシン

半年遅れですが、リパーゼとトリプシンの診断結果をお伝えすることを忘れていました。

リパーゼ   46 U/L      (基準値 16 〜 60)

トリプシン  398 ng/mL  (基準値 100 〜 550 )

どちらも正常値でした。

この検査をした時は全身が異常にだるく、結局 胆嚢に砂がたまっているということでウルソという薬を処方してもらい、それが効いてまもなく回復しました。

あれ以来、同じような症状は出ていません。

posted by カオル at 00:46| Comment(15) | TrackBack(0) | 膵炎と今日の症状
この記事へのコメント
はじめまして、この日記が最新だったので内容に関係なくコメントします。不要な場合は削除ください。
実は主人がここ5年程、腹部の痛みで苦しみ、2012年春は急性膵炎、翌2013年春には慢性膵炎と診断されました。私たちは海外に住んでいるので、当地に処方できる薬がなく3か月毎に帰国し、処方してもらっています。しかし、主人は薬を飲んでも痛みが治まらないと言って、どうせ死ぬならお酒を飲んで楽しく過ごしたいと毎日ワイン2本くらいを飲んでいます。それでは調子が悪いのは当たり前と、隣で見ていて思うのですが、私からその言葉を聞くと、反発しさらに飲む始末。何か良いアドバイスをいただけないでしょうか。
Posted by 海外より at 2015年01月25日 21:55
初めまして。コメントありがとうございます。
おつらいことと察します。
慢性膵炎の薬は速効性があるものではなく、フオイパンなど「薄皮をはぐように効いてくる」と言われております。
おつらいし、仕事の面で難しいところもあるのかもしれませんが、「禁酒」と「低脂肪」と「ストレスの少ない生活」を数ヶ月はお続けになられるほうがよいと思います。
飲酒は痛みを激化させないのでしょうか。
慢性膵炎というご診断を受けられたということですが、飲酒ですと確実に膵臓の荒廃化が進むものと思われます。
当たり前のことですが、ご自分の体であってそうでない部分もあると思いますので、明らかな転落への道を選ばれるというのはいかがなものか、という感想です。このページの左側にリンクがありますが、「慢性膵炎な掲示板」にご参考になるコメントがあるかと思います。
Posted by カオル at 2015年01月26日 00:21
カオルさん、おはようございます。

膵臓の数値良くて、良かったですね。

でも別のところがやんでいて、大変ですね。
お薬が効いたみたいで良かったです。
Posted by rinko at 2015年02月01日 09:39
人間は死んでも忙しいそうです。まず生きている時も、起きている時より寝ている時の方が忙しいかもです。死んだら突拍子もないビックリするような事が起こり、思った事がすぐに現象化するので、へんな事や恥ずかしい事を考えると大変な事になるという訳です。ですから生きているうちに、変な事を考えない様訓練をしておくのがベストです。
Posted by ライラック at 2015年02月15日 05:27
ただ死んだら肉体はないので、ただエネルギーなんですよね。
なので肉体を持っている時より、とても軽く、健康に気を使うようなウザイ事もなく、そして思考のスピードで宇宙を旅する事もできますよ(^-^)
Posted by ライラック at 2015年02月15日 05:44
海外の方のご主人様に、一言言いたいです。病気で苦しんでいる人は沢山いる。何処にぶつければ良いのか分からない大きなストレスや痛み、しかし人は自分の体であっても自分だけの身体ではない。ひとりでも心配してくれる人がいるなら、その人に怒りをぶつけるんじゃなくて、その人の為に生きようとして欲しいです。今の生き方は、奥さんに甘えてるだけ。ここのサイトにくる方は皆さん同じ痛みや苦しみを抱えているのよ!って。
Posted by ライラック at 2015年02月19日 09:19
カオルさん、お久しぶりです。先月膵管に入ったステントを抜く為に入院しましたが次の日アミラーゼが1100にCRPも5.5もあり2、3日の入院で済むはずが延びてしまいました。内視鏡は何度やっても慣れないもんですね。でもなんだかんだで無理やり1週間で退院しちゃいました。栄養指導もありましたがもう、病気とは4年の付き合いなので右から左に聞き流しちゃってました。
今は、体調も何とか安定しています。最近、胆石が出来た事が判明して
痛みださないかビクビクしてます[E:sweat02]
カオルさんも体調に気をつけて下さいね。
Posted by コウ at 2015年03月01日 22:11
皆様、コメントありがとうございます。
主人は、昨日からの激痛で、今朝病院に行き点滴を受けています。痛みどめにモルヒネを打たれることに…。海外での治療には、やはり安心できません。
私的には、このブログのおかげで同じ慢性膵炎の方の病状も節制もすごく理解できるようになりました。しかし、日本人ではない主人に、それをうまく伝えることができません。
それでも、カオルさんの言う通り、明らかな転落を道を選ばせないよう、家族が何とか協力していくしかないのでしょうね。本人も痛みの辛さと同時にお酒がよくないことはわかっているともいます。
これからも、「慢性膵炎な掲示板」やこのブログを参考にさせていただきますね。ありがとうございます。
Posted by 海外より at 2015年03月02日 20:26
今、自分が生きているのは、“生かされている”から。どんな理由であろうと、まだ生かされているからには生きる義務がある。私は今、とても健康を求めています。大酒、タバコ、運動不足これらは誰もが知っている様に、不健康の元。この様な生活をしていた私が病気になったのは当然かも知れないけど、人は病気になって初めて健康って良いなと思う。
神が、「求めなければ与えない」というなら私は求め続ける。私の様な病気だらけの人間に、勝手に健康はやってこない。
健康になるまで私は求め続ける。通販で買ったマジックサークルもまだ一度も使ってはないけれど…
Posted by ライラック at 2015年03月03日 09:45
カオルさん、お久しぶりです…8年ぶりです^^;
あの後、少しずつ調子に乗って飲酒を再開してしまいました。今年に入って更に調子に乗りすぎたため先月よりステージが一つ悪くなりました。
時々の背痛と、食べ物に即反応してチクチクします。後悔、先に立たずです(涙)
Posted by けん at 2015年04月12日 22:34
けんさん、
お久しぶりです。
「再開」は私もいつも引き込まれる言葉で時々実験するのですが、ちょっとでも家内のビールを口にすると、痛みというか重さというか鈍痛というか、なにか調子が悪くなるのでダメなのです。

ステージの悪化ですが、今ならまだ取り戻せるかもしれませんよ。

長生きしましょう。
Posted by at 2015年04月13日 21:31
先日、私の膵炎を発見してくれたクリニックに行ったところ保険外の点滴をされました。まあ気休めの点滴やなと思いながら、「ガベキサートメシル酸塩」「膵炎」で検索すると、日本医事新報2012.4.7がヒットしそのP83に「慢性膵炎の診断」という記事があり、P84に、「ガベキサートメシル酸塩」が慢性膵炎の進行を阻止する効果があるかヒトで確認する必要がある。とありましたw
Posted by けん at 2015年04月25日 20:40
カオルさん、お久しぶりです。お元気ですか?今日、定期検診に行って来ました。アミラーゼは相変わらず高かったのですがCRPは正常でした。7月から難病指定の幅がひろがったのと基準が変わったと聞いたので先生に私の病気について聞いた所私の病気はやはり難病指定にはならないそうです…。
がっかりです。
なかなか難しいもんですね…。
慢性膵炎や急性膵炎が難病指定になってなぜ自己免疫性膵炎が難病指定にならないのか…!?意味がわかりません…。
基準はみたしているはずなのに…。
先生は、あなたの場合それだけレアケースで難しい病気になってしまったって事だよ。今はどうしてあげることも出来ないっていわれました。
仕方ありませんがいつか難病指定になる日がくるのを
気長に待ちます。
カオルさんも御自愛下さいね。
Posted by コウ at 2015年05月12日 02:32
先日の定期検査の後、旦那から風邪をうつされて咳が止まらずどんどんひどくなり我慢してたのですが限界で病院へいきました。採血に採痰、CT検査の結果、気管支炎と肺炎の併発でした。ステロイド飲んでるんだから充分気をつけてっていったよね!!って怒られてしまいました…。
やはり普通の人とは違うってあらためて思いしらされました反省です。
外出時は必ずマスクはするのですが今度は家族が風邪をひいた時もマスクをする事にします。
Posted by コウ at 2015年05月22日 03:35
カオルさん、お久しぶりです。体調はいかがですか? 私は肺炎になって以来体調を崩し膵炎が悪化しまた膵管にステントを入れる事になってしまい1ヶ月入院してました。なぜか貧血も酷く輸血をするはめになったり薬疹が出て膵炎に欠かせない点滴が出来なくなったり踏んだり蹴ったりの入院生活でした今後は免疫抑制剤も使う治療になるそうです。頑張らなきゃです。今後は定期的にステント交換があるので憂鬱です。
カオルさんも無理せずご自愛を[E:coldsweats01]
Posted by コウ at 2015年08月15日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448461

この記事へのトラックバック