2014年02月12日

急性膵炎が慢性膵炎に移行する率は10%

少し古いのですが、日本消化器学会が2001年に発行した、「消化器now」というややダサいネーミングの雑誌に、慢性膵炎についてのお医者の対談があり、その中で、

「急性膵炎が慢性膵炎に移行する率は10%程度です」

という文言がありました。

最近頂く体験談には急性から慢性への移行のご体験が多いように感じていましたが、移行する率についてはっきりと数字で書かれたものを見た記憶がないので新鮮でした。(過去に見ていて忘れているだけかもしれませんが・・・)

雑誌はPDFファイルで、ここで見られます。全部で8ページあり、対談は2ページ目からです。

10%というのはかなり高い数字ですね。

急性膵炎の発作を起こす回数が多いほど、確率が高まっていくものなのでしょうか。(そこのところはわかりません)

posted by カオル at 23:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 膵炎と原因
この記事へのコメント
カオルさん、お久しぶりです。

急性膵炎は完治する物だと思っていましたが、10%も慢性膵炎になるんですね。
やはり、お酒のみが多いのでしょうか。
Posted by rinko at 2014年03月03日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448458

この記事へのトラックバック