2013年08月22日

自家膵島移植、国内初(?)の成功

昨日のニュースで、慢性膵炎の患者さんに患者自身の膵島を移植する、いわゆる「自家膵島移植」に阪大病院が国内で初めて成功したという記事がとりあげられていました。

30代の女性の患者さんで、遺伝性の慢性膵炎を患っておられ、疼痛があまりにも激しいため通常の食事すら困難であったようです。

痛みが和らいだという趣旨のコメントが出されており、非常に良かったと思います。

ところで、私は「国内初の成功」という文言を見て、「はて、国内初だったっけ?」とちょっと違和感を覚えたので、自分の「慢性膵炎ノート」で検索してみたら、

「慢性膵炎な毎日2」の2008年4月12日のブログで、2000年7月発行の日本消化器外科学会雑誌の神戸大学の先生方による自家膵島移植についての記事を紹介していました。

その記事を見るかぎり、神戸大学では既に実施しているような書き方がされているのですが、「可能性が示された」などのすこし歯切れが悪い表現もあって、あまりうまくいかなかったのかもしれません。

まぁ、初かどうかは患者さんにとってはおそらく問題ではないはずで、疼痛から解放されればそれでよいのだと思います。

さて、2008年のブログの記事でも述べているのですが、自家膵島移植は少なくともアメリカではかなり実施されているようなのですが、日本の場合はその点はかなり遅れているように感じます。

今回の患者さんのように、遺伝性で幼い頃から苦しんでおられ、ご自分にはなにも病気の要因がないような方だけではなく、もっと幅広い患者さん(アルコールの飲み過ぎで膵炎になってしまったような方など)にも、病状によっては自家膵島移植が実施されるような状況になればいいと思います。

posted by カオル at 16:21| Comment(6) | TrackBack(0) | 膵炎と外科的治療
この記事へのコメント
カオルさん、ライラックです。やっとお返事下さいましたね。嬉しいです。カオルさんからのお返事がないので私、寂しかったんですよん!
やはりどの病気でもそうですが、ストレスを貯めない事、ストレスがあったら解消する事が大事ですね。
あと笑う事も…ですよねo@(^-^)@o。
Posted by ライラック at 2013年08月24日 01:49
カオルさん、こんにちは〜。

凄い快挙ですね、全国の病院で同じ治療ができるといいですね。
日々、治療は進歩しているのですね。お薬も。

慢性膵炎も、そのうち治るようになるといいですね!
Posted by rinko at 2013年08月24日 10:54
こんにちは。
お返事が遅れて失礼しました。
日頃からあまり的確に返事ができなくてすみません。
ただ、今回は少しだけ言い訳をさせてください。
珍しく2週間ばかりの長期出張に出ていてサイトをチェックする余裕がなかったのです。(宿泊先でネットは使えましたが、携帯しかなかったのでほとんど見ていなかったのです。)
今後ともよろしくお願いします。
Posted by カオル at 2013年08月24日 11:00
IPS細胞でスイ島を造るとか、自家スイ島移植とか、私たちが生きてる間にできるのでしょうかね〜
最初の頃は手術代も高いでしょうから、私のような貧乏人には手が出ないでしょうね〜〜〜
ところでカオルさん、カオルさんはこの不景気にもかかわらず、とてもお仕事がお忙しい方なので、お返事は、いつでも良いのですよ(*v.v)。いつかお返事を頂ければ…と思っています。私このサイトに投稿する際に個人情報を入力しておりますのでメールして頂くと有り難いです。是非お話したい事がありますので…
勝手に待っていますから、では失礼致します。
Posted by ライラック at 2013年08月24日 13:06
因みに…カオルさん、携帯しかなかった!という言い訳は通用しませんよ!
私はいつも携帯からコメント書いてますから………
余裕がなかったんでしょ…(*..)
Posted by at 2013年08月24日 14:57
rinkoさん>自家膵島移植は膵臓の全摘を前提としているようですのでよほどの重症患者さんでないと行われないと思いますが、しかし、激痛みが止まらず普通の生活を送れないほどの方々にとっては朗報だと思います。

ライラックさん>余裕もなかったのですが、そもそも携帯はあまり見ないのです。携帯もしない時もあります。不携帯携帯電話。(法律違反でしょうか)
それに書くとしても、(買い物を頼まれて)「了解。」とか(親戚からどこかに合格したと連絡を受けて)「おめでとう。」とか(お店まで迎えを頼まれて)「着きました。」くらいしか書かないのです。
Posted by カオル at 2013年08月25日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448456

この記事へのトラックバック