2012年10月17日

山中先生ノーベル賞受賞記念

iPS細胞の山中先生のノーベル賞受賞を記念して、「iPS細胞」と「膵炎」で検索してみました。

すると、やはりありました。iPS細胞を使って膵島を作ろうという研究があるそうです。

文部科学省iPS細胞等研究ネットワーク第3回合同シンポジウム(平成23年)での「膵島」に関する研究成果のレジメが出てきました。

http://www.ips-network.mext.go.jp/network/pdf/event/symposium/no03/poster/no05.pdf

残念なことに、どの実験もネズミ、牛、豚などの動物実験の段階だそうです。

iPSではないですが、これまでも数年ネズミでの実験の成功はいくつか記事があり、サイトでも紹介させていただいたように思いますが、「研究を続けた結果ついにヒトで成功しました!」という肝心な完結編を見たことがないような気がします。ネズミでの成功までの距離なんてヒトの臨床での成功に比べたら無いに等しいのじゃないの?って思ってしまいます。(本当になかったのかもしれませんが)

たとえて言えば、ネズミの実験の成功までが東京駅から上野駅に行くぐらいの距離だとすると、ネズミからヒトまでは鹿児島へ行くくらいでしょうか。(月くらい?)

posted by カオル at 20:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 膵炎とニュース
この記事へのコメント
カオルさん、お久しぶりです。お元気ですか?生きてますか?(笑)私はまだ生きてますよ〜〜〜
慢性膵炎と逆流性食道炎の関係について知りたいのですが…慢性膵炎の人は逆流性食道炎もよく併発するみたいですが、私もそうなんですが、それは…太ったから…と医師に言われた事がありましたが(笑)どうなんでしょうか?もうひとつは、お酒飲んだりして調子が悪い時、寝ていると痛いのですが、起きると治るのです。これって私だけなのでしょうか?カオルさんはどうですか?
Posted by ライラック at 2012年12月31日 16:30
ライラックさん、お久しぶりです〜〜。
私も一応無事にやっております。
慢性膵炎の症状で逆流性食道炎と診断される、ということは聞いたことはありますが、慢性膵炎が逆流性食道炎を併発する、ということは私は知りません。(知らないだけ、ということかもしれません。よくあります。)
太るとなりやすい・・・ということもよく存じ上げないところです。
お酒・・・・・は私は飲めないのでなんとも言えませんが、以前膵炎が悪かった時期は、朝寝ていて痛くなるので目が覚め、起きてしばらくすると痛みが消えるということはよくあったように思います。
なぜでしょうか?
わかりません。
ああ、何もわからない・・・
Posted by カオル at 2013年01月03日 19:13
カオルさん、レス遅くなってすいません。実は山にこもって、酔拳の特訓をしていたので…(膵炎で思い付いた訳ではありませんが、因みに師匠は勿論JCか?)[E:#xEAD8]
私、言葉間違えました。膵炎が逆流性食道炎を併発する。ではなく、逆流性食道炎と誤診されるとか、似た症状があるみたいな事を言いたかったんですね〜〜〜[E:sweat01]因みに私はお酒さえ飲まなければ、暴食しても、殆ど痛みはありません。
Posted by ライラック at 2013年01月12日 21:42
あ、それからですね、その寝てる時痛いという事に関して何人かのお医者に訴えてみたのですが、どのお医者も「ん〜〜〜」って感じでなしのつぶてでした!
Posted by ライラック at 2013年01月12日 21:54
カオルさん、お元気ですか?私は波がありますが元気です。先日、定期的の外来でしたが一昨年の入院から生理や排卵日、風邪など引くと膵ちゃんが痛くなるので関係性を婦人科で診てもらいました。すると『子宮内膜症』って知ってますか?
私の場合、上記のいすれかになると、特に生理の
時はツラいですね[E:sweat02]原因は人によって違うみたいですが、内臓に内膜症が出来るケースもあり、私は当てはまるみたいで[E:smile]
でも原因がわかったのでひと安心しました。カオルさんは、原因がわかっての症状とかはありますか!
Posted by コウ at 2013年01月18日 23:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448453

この記事へのトラックバック