2012年03月27日

リパクレオン

あゆさんからご紹介のあった、エーザイの「リパクレオン」という薬ですが、膵臓の機能が低下して膵酵素の分泌が十分でない場合に投与される膵酵素剤の強力なもの、という感じです。

http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/series/drug/update/201104/519574.html

従来、膵酵素を補うには膵酵素剤の「大量投与」が必要とされてきましたが、このリパクレオンは強力なので(「高力価」と呼ぶようです)大量投与を必要としないということのようです。

大量に飲むよりも少ない方が患者さんの負担の軽減にはなりますね。

薬価はどうなんでしょうか。

posted by カオル at 21:49| Comment(3) | TrackBack(0) | 膵炎と薬
この記事へのコメント
新薬なので薬価は消化剤にしては高めです。
1錠31.6円で一日12カプセルの処方。
今までの消化剤は1カプセル5〜6円だったので
5〜6倍の金額になりました。
でも効果は素晴らしいので、
高いだけのことはあると思っています。
Posted by あゆ at 2012年03月29日 19:46
良いお薬みたいですね。
新薬なので、まだ14日分しか処方されず、2〜3ヶ月に1度しか通院しない私には、頓服としていっぱいいっぱい出してもらいました。
次回は多分普通に処方してもらえると思います。
薬価は高いのではないでしょうか、フオイパンほどじゃなくても。
Posted by rinko at 2012年03月31日 15:38
あゆさん,rinkoさん、コメントありがとうございます。rinkoさんのコメントでフオイパンに触れられているので、はて、高価で有名なフオイパンはいくらだったのかな、と確認すると1錠104.90円となっています。フオイパンは1日6錠までですからざっと600円。リパクレオンは12錠までということでざっと360円。リパクレオンにかかる費用はフオイパンの半額強くらいでしょうか。やや高いと思われますが、効果がはっきりしていれば、あまり問題にならないでしょうね。
慢性膵炎の新薬って滅多に登場しないので嬉しいですね。
Posted by カオル at 2012年03月31日 18:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448447

この記事へのトラックバック