2012年02月27日

慢性膵炎臨床診断基準2009再考

2年以上経って言うのも変ですが、2009年慢性膵炎臨床診断基準はかなり画期的なような気がします。最近、この基準を特集した雑誌「膵臓」の電子上の記事をざっと読み返したのですが、前に見落としていたことがあることに気づきました。それは、

@慢性膵炎の今までの基準が、すでにかなり症状の進んだ場合にあてはまることであり、その基準に基づく診断がされてからでは、打つ手があまりなかった、ということをお医者の方も自覚されていたらしいということ。

Aよって「早期慢性膵炎」という概念を取り入れたが、これが「世界初?」の試みであること。(ホンマかいな?)

BEUSがその、早期慢性膵炎の判定にはかなり役立ちそうだということ。

とはいうものの、早期の段階で慢性膵炎を的確に診断することや、その悪化を未然に防ぐことがどれだけ現場でうまくおこなわれるか、ということについてはお医者の方々も手探りなようです。

しかし、その方向性は間違っていないと思います。

未然に悪化を防ぎ、そして、悪化している人の膵臓を再生し、また(できれば)お酒が普通に飲めるような治療法を見つけて欲しい・・・・・・・。

posted by カオル at 23:35| Comment(8) | TrackBack(0) | 膵炎と定義
この記事へのコメント
以前お邪魔したことがあります。私も慢性膵炎で昨年の人間ドックでは 腫瘍マーカーが膵臓だけ少し高かったので 気になっています。 私もお酒少し解禁していて、お酒より生クリーム大好きなので 一気に中身だけ2個食べたりしては 恐い目にあっています・・
懲りない私です。明日病院なので、少々恐いです。またお邪魔しますね。
Posted by ジェニ at 2012年03月08日 00:15
こんにちは〜初めましてです!
先月、早期慢性膵炎と診断下された者です。8年前から定期的に痛む軽度の背部痛から去年から本格的に痛みだした背部痛の為に1年かけて病院を転々として、やっとこさEUSにたどりつけたのです。予想通りの結果でした。書いておられる様にEUSが早期慢性膵炎、早期膵臓癌を見つけるのに有効との事でした。でもこの様に簡単に受けさせてくれる先生に巡り合うのは至難の業だと思いました。。もっと画期的に取り入れていって欲しいものです〜。ではまた宜しくお願いします。
Posted by あきころ at 2012年03月11日 14:08
あきころさん、初めまして。コメントありがとうございます。
あきころさんのように、早期慢性膵炎の診断がついた、というのは2009年基準の制定の好結果かもしれません。

あきころさんの行かれている病院全体が膵炎への理解があるのですか?それともそのお医者さん個人の判断がよかったのでしょうか。
Posted by カオル at 2012年03月11日 15:21
こんばんは〜、コメントに気が付かず・・・すみません〜。毎日の背部痛の為に生きる気力を失いかけている日々を送っています。でもいつか必ず新薬が出ると信じてものすごい小さな気力を出しながら生活してます(^^;)私がEUSを受けた病院は一応病院は理解があると思います。肝胆膵課が独立していますから〜。そこのエラい先生がNHKの「あさイチ」に出てて慢性膵炎にはEUS!!と言ってたそうで即行動した結果です。大阪の病院です。EUSを簡単に受けさせてくれる事事態が的確な判断の先生でした。長々スミマセン〜またお邪魔しますね〜!
Posted by あきころ at 2012年04月27日 20:36
こんばんは。痛みは本当にいけませんね。お薬が効かないとしたら、変な話ですが、森林浴とか温泉などではダメでしょうか。私には効果があったもので・・・。
大阪の病院ということですが、そのように理解のある病院でしたらお名前を教えていただくと近辺に在住されている方にとっては助かることと思いますがいかがでしょうか。
Posted by カオル at 2012年04月27日 23:01
こんばんは〜。森林浴はあまりしませんが〜今度試してみます!温泉はよく行きます!その時は痛みも和らいでいる気がしますが食事後にやはり痛みますので、増悪期なのでしょうか〜?殆ど毎日痛みます・・・。病院の件ですが大阪の近畿大学狭山病院の肝胆膵外科です。そこの教授を訪ねてはどうでしょうか?ただ総合病院と言う所は時間が勝負です。なのでとことん向き合ってはくれません、残念ですね〜。でも慢性膵炎疑いの人にはこちらの病院は良いと思いますよ!
Posted by あきころ at 2012年05月01日 22:29
あきころさん>

病院の情報ありがとうございます。疑診の人にとって心強い病院が多くあるといいですね。
Posted by カオル at 2012年05月04日 23:46
はじめまして。私も少し前に近畿大学狭山病院に行き、EUSを受けました。結果、早期慢性膵炎の疑いと診断されました。背中痛と左脇腹痛から他の総合病院でエコー、CT検査をし慢性膵炎では?と言われた後、より詳しく見てもらいたい思いから、色々調べ、膵炎の治療実績の多かったこの病院にたどり着きました。あきころさんの仰るとおり時間がかかるのとじっくりとは診てもらえないのが難点ですが、すぐに、しっかり検査をしてくれたので良かったです。
あと、私は痛みには鍼が効きます。行った後、三、四日しかもちませんが。。
またお邪魔します。
Posted by きたあき at 2012年05月14日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448445

この記事へのトラックバック