2011年03月10日

豚の体内で膵臓の再生?

毎日新聞の電子版によると、豚の体内で豚の膵臓を再生することに成功した、というわかったようなわからないようなニュースがあるようです。

2011.2.27

ブタ:体内で完全な膵臓を再生することに成功 東大と明大

 生まれつき膵臓(すいぞう)ができないブタの体内で、完全なブタの膵臓を作ることに、東京大と明治大のチームが成功した。大型動物では世界初。東京都内で開かれる日本再生医療学会で3月2日に発表する。

 チームはまず、遺伝子操作で膵臓を作れないブタを作り、その体細胞を利用し「クローン胚」と呼ばれる受精胚を作った。一方、正常な膵臓を作れるブタの体細胞からもクローン胚を作成。この中の細胞を、遺伝子操作ブタのクローン胚に注入した。異なる遺伝情報を持つ細胞が混在した、この状態の胚は「キメラ胚」と呼ばれる。

 このキメラ胚を、代理母ブタの子宮に入れ、出産させたところ、誕生した4匹の子ブタはすべて、正常な膵臓を持ち、血糖値を正常にコントロールした。これとは別に、胎児の段階で子宮から取り出して調べた7匹にも膵臓があり、100%、正常なブタの細胞に由来していた。チームは、本来できないはずの膵臓が正常なブタの細胞によって再生され、機能すると結論付けた。

 責任者の中内啓光・東大医科学研究所教授(幹細胞生物学)らは昨年、同様の手法を使ってマウスの体内でラットの膵臓を作り出すことに成功している。

 二つの成果を発展させ、膵臓を作れなくしたブタのクローン胚に、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を注入すればブタの体内でヒトの膵臓ができる可能性がある。しかし現在、国内の規制によって動物とヒトとのキメラ胚を子宮に入れることは禁じられている。

ということですが、豚の体内で人間の膵臓ができる可能性がある、というのは大変に興味深いですね。ブタの体内で出来た膵臓をちゃんと人間に移植できるのでしょうか。

ブタのおかげで酒が飲めるかも。

つまみが豚足ではいけませんね。

posted by カオル at 23:05| Comment(9) | TrackBack(0) | 膵炎とニュース
この記事へのコメント
こんにちは。
私は2003年に上腹部、背中痛で病院に行き胆石による胆嚢切除から始まり、その1ケ月後にも上腹部、背中痛が続き急性膵炎で入退院を繰りかし、長期時は6ケ月の入院で腹水、肺水、多房性嚢砲(8cm)、アミラ−ゼ異常などでもちろん絶食でした。
原因は生まれつき膵頭部の主膵管がZ型のためで治療法は入院中は絶食と1日3回の痛み止めのレペタンのみ、通院中はレペタン座薬、ボルタレンでした、2006年には嚢砲部が癌の可能性大に成り、膵体部、膵尾部、脾臓切除をして一時的に痛みは取れましたが、ものすごい倦怠感といつもの痛みで病院に行った所、膵性糖尿病、膵石、膵嚢胞、石灰化などで、痛み止めのレペタンと膵性糖尿病のインスリンポンプ治療が始まり、2011年の現在は重度の膵性糖尿病と膵石の除去に挑んでいます、膵臓移植が可能になったら夢のようですね。
Posted by ひろし at 2011年03月26日 16:00
インシュリンのコントロールは難しいとお聞きします。
膵臓の研究というと膵炎というよりもっぱら糖尿病の方の研究者が多いと思います。
ひょこっと画期的な治療法が出てくれないものでしょうか。
(レスが遅くなってすみません)
Posted by カオル at 2011年04月04日 00:22
はじめまして。膵炎で検索していたらここに辿り着きました。私は血中アミラーゼが175で尿中アミラーゼは正常でリパーゼが121と高く、背中の痛みがあります。来週にエコー検査をします。凄く不安で怖くて仕方ありません。膵炎だと決まった訳ではありませんが、皆様のお話を読ませて頂いて思い当たるふしが多いのです。悩みすぎて眠れない日々が続いています。私は精神系の病気を患っているので、飲酒もせず油物も採らず食事も野菜中心で気を使っていたのに、すい臓が悪くなるとは思いもしませんでした。生理も止まってしまったので考えられる原因はストレスではないかと思っています。元々、精神を病んでる私がストレスから開放される事は難しく、どうしたらいいのか?と余計に悩み考えてしまいます。こんな私ですけどまたここに来てもいいですか?
Posted by とーこ at 2011年04月22日 00:14
初めまして。コメントありがとうございます。いろいろと思い当たることがおありとのことですが、血中アミラーゼの数値はとーこさんと桁違いの方が大勢いらっしゃいますのでそれほど心配なさるほどではないのではないでしょうか。

いつでもいらしてください。
膵曜日はレディスデーとなっております。
(女性を歓迎する日?)
Posted by カオル at 2011年04月22日 23:47
慢性膵炎20年目ほどです。
酒を飲むと石が貯まりますね。
パウダーの様なものらしいです。
現在、亜鉛が効きますので服用してます。
最初、牡蠣エキスが効いたので飲んでましたが、高い!!!
で、何が効くのか調べると亜鉛です。
これは安い。
戻りますが、石が膵臓にへばると、
背中が痛い、左脇腹が痛い。
これは膵液が順調に流れずに滞るためです。

数年前、この状態になり唸ってました。

で、発見しました。
右下に横になり胃が下がる感じに左足を右足に被せます。
で、件の左背中を左グーでトントンと叩きます。
膵炎の方はお分かりですね叩く場所。
運が良ければ胃のあたりがギュルギュルって音をたてて膵液が流れます。
流れてしまえば、一瞬で終了。

ダメでもこの方法は効果があります。
Posted by けん at 2011年05月07日 19:09
Posted by at 2011年05月07日 19:10
レスが遅れました。
慢性膵炎20年というのは、ベテランの方ですね。ただ、最近膵炎の診断を受けられて、絶望的なお気持ちになっておられる方にとっては、ある意味勇気づけられるコメントだと思います。
膵液を叩いて流す、という方法があるのですね。たしかに右脇腹を下にすると膵液の出口が下になりますね。やったことはなかったなぁ。
膵液の流れをよくするというと私はビソルボン派ですが、そうかぁ、叩いて流す・・・・コロンブスの卵かな?
Posted by カオル at 2011年05月13日 21:10
カオルさん初めまして、私はカオルさんと同世代の♀です。
数日前にカオルさんのブログを知り、とても勇気づけられました。
私は12年位前から寝ている時に胃の辺りが痛く、最初の病院で胃カメラを飲んだのですが異常がないという事で暫くほっておきましたが、痛みは取れないので、その後別の病院を何軒か廻る事になるのですが…

私は「寝ている時痛い」と訴え続け、また胃カメラやMRIの検査もしましたが異常がないので、どのお医者もそれ以上考えようとはしてくれませんでした。
仕方がないので自分で痛みの場所を特定する事になります。

アルコールは大好きなので胃がいつも痛く、そのせいでずっと胃が悪いせいだと思ってしまっていて膵臓かな?と思うまでに時間がかかりました。
ここまでに10年近く経っています。
そしてこの間の「ためしてガッテン!」で慢性膵炎だと確信しました。

私はとても臆病者なので、恐くて×2
恐怖と不安で押し潰されそうになり、時々パニック状態になっていましたが、カオルさんのブログを知り、色んな御経験など大変参考になり、とても勇気づけられました。

昨日近くの胃腸科でレントゲンを撮って(この検査ではわかりませんでした)と消化酵素の検査の為に血を抜いてきました。
カオルさんのおかげでこの病気を受け入れる事ができました(*^o^*)本当にありがとうございましたm(_ _)m

この事を伝えたくて投稿させていただきました。
それに今日は膵曜日ですね!でも慢性膵炎に関しては、殆どのお医者がヤブ医者なんですね〜(-.-;)
Posted by ライラック at 2011年06月01日 12:08
ライラックさん初めまして。
コメントありがとうございます。
何かお役に立てたようで大変光栄に思います。
残念ながら私は見ていないのですが「ためしてガッテン!」で慢性膵炎が取り上げられてからアクセスが急増しています。
ブログやサイトもほとんど更新もせず、「慢性据ぃぇ置き園」(ちょっと苦しい)の状態で、また未解決の疑問が山ほどあるのですが、それでも慢性膵炎という病気についての認識が広まるのは、特にこの病気であることを知らずに苦しんでおられる方には非常によいことだと思います。

そろそろ膵曜日の制定でしょうか。
Posted by カオル at 2011年06月01日 19:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448438

この記事へのトラックバック