2010年10月12日

次長課長の河本さん、「すい炎」で休養

今日、HPのアクセスが異常に増えていました。こういうときは有名人が膵炎になったということが過去あったので調べてみるとやはりそうでした。

お笑いの方がまた「膵炎」に罹って休養することになったようです。

次長課長の河本さん(背の低い方の方)です。

原因は推測することしかできませんが、お酒をたくさんのみ、ストレスに充ち満ちた生活を送っておられたというようなことが容易に考えられます。

2ヶ月の入院ということですが、発熱・腹痛などの体調不良の後の検査ということなので「急性膵炎」というより、慢性膵炎の急性増悪ということかな?と思います。

河本さん、中川家の方もそうでしたが、笑える漫才師だと思っています。

禁酒につとめ、早く回復して欲しいものです。

posted by カオル at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 膵炎と有名人
この記事へのコメント
お久しぶりです。

有名人の方が、膵炎になると、膵炎と言う病名が有名になりますよね。どこにあるのだろう?と。

2ヶ月の入院となると、酷いのでしょうね。

よくなられて、また楽しい漫才を見せてくださるといいですね。


最近また、いい病院を探されてる方がいらっしゃいますね。 本当に膵臓を診られる先生って少ないのですね。 もっともっと増えてくださるといいのに…。 カオルさんは、調子いいですか?
Posted by rinko at 2010年10月16日 12:03
お久しぶりです。
最近調子はずっといいのですが、今月はちょっとトラブルがいろいろあって痛みで朝に目が覚めること一回、昼間に胸に来る痛みで「あ、休もう」と思うこと一回、という具合ですので、最近にしては良くない方です。

ストレスのない暮らし・・・って難しいですね。
Posted by カオル at 2010年10月17日 21:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448427

この記事へのトラックバック