2009年10月14日

サッポロナントカ

ノンアルコールビールブログのようになっています(が、まいいか)。

キリンフリーに対抗してアサヒはポイントゼロを出し、サッポロもナントカというのを出した(飲んだのですが缶が今手元になく名前忘れたのです)のですが、2,3日前にお店で買い、飲んでみました。

最初に思ったのは「これはキリンの一人勝ちだわ」ということでした。アサヒのポイントゼロは、風味がまるでカメムシのように感じたというのは以前の記事に書いた通りですが、その点サッポロナントカは、そもそも「風味というものがない」という感じでした。

キリンフリーからホップ(でしょうか)の香りを抜いたもの、という印象です。

キリンフリーのフタを開け、30分くらい経ったらこうなるのではないでしょうか。

少しはビールの味はするのですが、風味がないため、これを買うならキリンでしょう・・という感じです。

なのに値段はキリンフリーと同じで135円くらいするのです。

既に市場に出ているキリンフリーなんですが、その味を真似するのはそう簡単ではないんですね。

サッポロナントカの横に、キリンフリーの350m缶と新しく出た500ml缶が誇らしげに立っていました。

この記事へのコメント
こんにちは。
膵臓の調子の悪い時は、しょっちゅうお邪魔してます、ゆきんこです。
ノンアルコールビールの話題にくいついてしまいました。
キリンフリーを飲んで、3日置いたビールだなと思っていたんですけど、他の商品よりgoodのお話なので、これからもキリンフリー1本でいこうかなぁと思っています。
余談ですけど、カオリスタ検定でカオルという名前の人は、特典があるという記事を読んでいて、カオルさんのことを思い出しているこの頃です。
Posted by ゆきんこ at 2009年10月30日 09:27
お久しぶりです。
「キリンフリー=3日置いたビール」
ということにも頷けるところがあります。
でも、その他のノンアルコールビールがさらにスゴいという感じでしょうか。

普通のビールの次に発泡酒や第三のビールなどが登場し、その下のずう〜っと下がったところ、麦茶の横くらいにノンアルコールビールがあると思んですが、普段その下層階級の私が本物のビールを口にすると、まるで麻薬みたいに感じます。

カオリスタ検定というのがあるのですね。
私のような人の検定でしょうか。
ノンアルコールビール評論家。
Posted by カオル at 2009年10月30日 21:53
カオリスタ検定は、ココ↓です。
<a href="http://www.aromakankyo.or.jp/kaorista/" rel="nofollow">http://www.aromakankyo.or.jp/kaorista/</a>

TVでチーム.マイナス6%やってますけど
C02削減の一環でアロマ、グリーン、エコがテーマです。

麻薬ですか(笑)
確かにその効能はありそうです。
今日、テレビでホルモンと赤ワイン〜やってました。
麻薬に溺れてみたいかも〜[E:wine]
また美味しいノンアルコールビールをみつけられたら
教えてくださいね[E:lovely]
Posted by ゆきんこ at 2009年11月05日 13:30
カオリスタってアロマの専門家ということでしょうか。カッコいいですね。

最近アルコール入りのビール関係の飲み物も種類が増えて魅力的過ぎて困っています。昨夜はエビスビールの「琥珀」という新商品を一口飲みました。

一口サイズの缶ビールってないですかね。

喫茶店のコーヒーに付いているミルクの入れ物を少し大きくしたような。

結構需要があると思うのですが・・・・
Posted by カオル at 2009年11月08日 10:23
一口サイズの缶ビールということですが、ア○○のス○○○ドライなら135ml缶ってありますよ。
自分は、今まで90mlだと思ってましたが..スケールではかって試したらちょうど二口でした。
ダイエットブーム(?)の影響か無脂肪牛乳があったり、膵臓に優しい時代になりましたね。
Posted by chaos at 2009年12月20日 14:50
コメントありがとうございます。
135mlは私にはちょっと多すぎます(笑)。

飲み薬についているプラスチックの小さなコップ
のようなサイズならなんとか・・・・
Posted by カオル at 2009年12月20日 21:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448413

この記事へのトラックバック