2009年08月29日

慢性膵炎の定義と分類の見直し

何気なく日本膵臓学会のHPを覗いてみたら、興味深い記事がありました。

厚生労働省と日本膵臓学会、日本消化器学会が合同で「慢性膵炎臨床診断基準2009」という新たな診断基準と分類法を提案されているのです。

内容はPDFファイルになっており、すぐに読めるし、ダウンロードも容易ですね。

今までは日本膵臓学会と日本消化器学会がそれぞれ定義を出していたように思いますが今回から合同にする(?)ということであれば、それがまずニュース。

また、「定義」のところに、『自己免疫性膵炎と閉塞性膵炎は,治療により病態や病理所見が改善する事があり、可逆性である点より、現時点では膵の慢性炎症として別個に扱う』という部分があり、これまで慢性膵炎の進行が常に「非可逆性である」という絶望的なトーンで語られていたことと比べると、中には可逆性のものもあるよ、というちょっと希望の持てる定義に変化している点がニュース。

ただ、『膵の慢性炎症として別個に』と言われましても、「慢性膵炎」というものの素人的理解では膵臓が慢性的に炎症を起こしているから、慢性膵炎ということなので、ちょっと表現としてわかりにくいですね。『あなたは自己免疫性膵炎ですから、慢性炎症です。まだ慢性膵炎ではありません。』というのは、明確さに欠けると思われますがどうでしょうか。

さらに慢性膵炎の種類分けが大変シンプルになっていることもニュース。新しい分類では慢性膵炎は、

@アルコール性慢性膵炎

と、

A非アルコール性慢性膵炎(特発性、遺伝性、家族性など)

しかありません。大変わかりやすくていい感じです。

慢性膵炎臨床診断基準のページで、「早期慢性膵炎」という表現が登場しています。これは進行を遅らせることができるかどうかが、予後の質を決めるので、患者の回復に重点を置いた発想から出た表現ではないかという気がします。

ほかにも、「慢性膵炎疑診例」の定義が以前よりかなり明確になっていて、なんだか日が当たって来た感じがします。

医学的根拠もないので当たり前ですが、「おなら」「げっぷ」などの症状は診断基準に入っていませんでした。

また、気分の落ち込みなどについての記述もありません。病気に付随して起こる二次的なものということでしょうか。

posted by カオル at 23:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 膵炎と定義
この記事へのコメント
ほほぉ…
(゚-゚)

これからの膵炎の
より良い治療法や
原因究明、発見が
沢山見つかると
良いなぁ。と
切に願うゆこでした。
Posted by ゆこ。 at 2009年09月23日 07:30
頑張っているお医者さんがいらっしゃるということでしょうね。

膵チャンに明るい後半生を与えてほしいものです。
Posted by カオル at 2009年09月25日 23:55
私は【慢性膵炎】と言われて30年近く治療をしています。その時はERCPと言う検査とアミラーゼが高くて入退院の繰り返しの生活でした。点滴と痛み止めの注射(ペンタジン)を365日毎日2時前迄治療していました。現在は座薬(レペタン)と投薬と食事療法をやっています。先日MRCPの検査をしたら、慢性膵炎の所見はありませんて言う結果が出ました。完治するんですか?未だ信じられない気分です。完治しないからと言われて治療していたので。摩訶不思議な気分です。
Posted by at 2012年10月17日 22:30
慢性膵炎の治療をしている人は沢山いらっしゃると思いますが…どんな治療をされていますか?私は慢性膵炎と診断されて、点滴(ミラクリット10万単位)と痛み止めの注射(ペンタジンを2回)飲み薬と食事療法を30年近くやっていました。2年前から、飲み薬と食事療法と座薬(レペタンを2個)を使っています。慢性膵炎で入退院を2年前迄は繰り返していましたが、今は座薬のおかげで入退院の繰り返しは有りません。慢性膵炎は完治するんでしょうか?検査しても最初の頃はアミラーゼが高くなっていましたが、数字が正常範囲内でも痛みが出たりして入院したりしていました。病院からも完治しないから上手く付き合って行きなさいと言われて今まで治療して来ました。病院も何ヵ所もかかって見て貰いました。関東から九州の病院迄。まれに数字が出ない人も居るから一概に数字だけで言えないとも言われました。私は最近入院したりとかないので、安心していますが、ドクターに治ったわけじゃないからねって言われました。今回検査して、大丈夫だといわれましたが、完治したと思っていいのか、安定しているだけなのかわかりません。治療は30年近くやっています。慢性と言う病気は完治しないと言われたけど、どうなのか半信半疑です。嬉しいような、感じです。痛み止めは毎日使っています。摩訶不思議な検査結果が出ました。ぬか喜びにならない様にと思っています。
Posted by at 2012年10月17日 22:51
カオルさん初めまして。カオルさんのブログを読んで、私も慢性膵炎と診断されて治療中ですが…私は血液検査や尿検査でアミラーゼの数値が高くなる事はなくて、数字上では異常有りませんと言われますが、みぞおちの所が痛くなり、背中も痛くなり、吐き気も伴います。痛い時は、痛み止めの注射で止めて貰っていました(劇薬です。ソセコンです)。飲み薬は(劇薬のペルタゾンです)後座薬(劇薬のレペタンです)。今は座薬だけです。食事療法もしています。カロリー制限で1日1600カロリーです。後(タバコ)と(お酒)も、止めました。膵炎の痛みは、なった人でないと解らないと思います。私の場合、初めは(胃炎)だと思っていました。検査入院して、初めて【慢性膵炎急性憎悪】と解ったのです。最初の頃は(お酒)は止められなくて飲んでいましたが、入退院の繰り返しでした。なかなかアルコール止められなくて大変でした。命の保障しないぞっと言われて、生きたいと思いアルコールが止められましたが…止める迄は大変だと思います。現在は落ち着いています。カオルさんも、はっきりすると良いですねえ。頑張って下さいねえ。食事療法のつもりで【和食中心】の食事をおすすめします。旬の野菜やお魚を使った料理は美味しいですよおっ〜。病気に負けない様に、お互い頑張って生きて行きましょうねえ。生意気なメールで済みません。病院も一ヶ所だけじゃなく、何ヵ所か見て貰って、自分が納得出来ないと、良い治療は出来ないと思います。治療は医者との信頼関係も必要だと思います。私の経験ですが…。少しでも不満が有ったら、治療が進まないので。そいじゃあ失礼します。
Posted by at 2012年10月18日 01:01
初めまして。慢性膵炎の治療をしています。同じ病気で治療をされている方と情報交換して頂ければと思っています。慢性膵炎の治療をしている人が周りにいらっしゃらなくて、もし良ければ、アドバイスして下さる方、お返事下さいませんか。宜しくお願いします。
Posted by うさぴょんです。 at 2012年10月18日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448409

この記事へのトラックバック