2009年06月10日

振り逃げ

家内のおつかいでスーパーに買い物に行きました。

ひととり買い物を済ませ、出口のところへさしかかったとき、主婦とすれ違いました。

と、その時、

出ました。

ガスが。

しかもまるで自分の部屋で放ってでもいるかのような、集団への合図でもあるかのような、なんのためらいもない立派な音量でした。

「あ、しまった」

と思うと同時に、やってしまったことのあまりの大胆さに次にどういう行動をとっていいのかがわからなくなりました。

普通、すれ違う時に肩など体の一部が触れるようであれば

「あ、すみません」

とか、

「失礼」

という言葉が口をついて出るものですが、今回の「ガス」のようなあまりにも失礼なことをしでかした場合には、ヒトって何も言えなくなるものなんですね。

なかばパニックになった私が次にとった行動は、

ただ黙って後ろも振り返らずひたすら駐車場の車へと急ぐ、

というものでした。

あいにく車を出口のすぐそばに停めていたので、もし主婦が、「なんて失礼な」と憤慨して私が逃げるのをみていたら、車種を覚えたかもしれません。ひょっとしてナンバーを控えたり・・・

私は最後まで出口の方を振り返らず、駐車場を後にしました。

よく「おやじ」が駅などの公共の場で放つのを側で聞き、不快に思ったことがありますが、まさか自分がそれをしでかすとは・・・・

そのおやじたちも内心は恥ずかしいと思っていたのかもしれない・・・

と思ったのでした。

posted by カオル at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 膵炎と今日の症状
この記事へのコメント
大きな声では言えませんが、脂質の多い食事をした次の日「プップップップ」って感じで面目ないって感じですよ。
もし、私がカオルさんの立場であっても すり抜けるように逃げ出すと・・・現実に逃げ出しています(^^;アハハ
「やっちまったな!!」です。
Posted by ななみ at 2009年06月11日 08:16
私は家内のガスもほとんど音を聞いたことがないのですが、家内以外の女性となると実の姉か家内の祖母くらいでしょうか。他人の女性となると全く経験ありません。そういう意味では女性はえらいですね。エチケットとはいえ、よくそこまで音を抹殺できるものです。私の50年近い人生で、私の接した他人の女性すべてが私に音を聞かせてくれていない、という事実はすごいことです。また、今回のフリ逃げ事件で思ったのは、「ひき逃げ」をしてしまう人も同じような気持ちなのではないかということです。誤って車で人をひいてしまい現場を逃げるのがひき逃げですが、その気持ちは「捕まらないように」という計算ではなくて、「ごめん」では済まされないことをやってしまった自分を否定してしまいたい、その場から早くいなくなることで、そのこと自体を無かったことにしたい、ということなのではないでしょうか。その気持ちは捕まることへの恐怖というより、そんな恥ずかしいことをした自分への自己嫌悪であり自己否定なのではないでしょうか。

(ちょっと強引かも・・・)
Posted by カオル at 2009年06月11日 22:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448401

この記事へのトラックバック