2008年11月16日

クラウスターラー

近くの輸入食料品店にドイツ原産のノンアルコールビールがありましたので買いました。

「クラウスターラー」( CLAUSTHALER )という名前です。

裏面の日本語のラベルによると、

「ビールと同じ原料、製法でつくりました」とありました。

アインベッカーと同じです。

アルコール分が0.4%あり、膵炎族にとってはちょっと高めかなと感じられましたが

飲んでみると・・・

これはOK!という感じです。

アインベッカーと同じような本物のビールっぽいコクとキレを感じます。

「ポイントワン」は安くて手軽なのですが、味の面ではこういう「ビールと同じ原料、製法」の

ものにはかないませんね。

値段も170円くらいで、同量で300円を超えるアインベッカーよりかなりお得感はありま

す。

あとは0.4%がどんなダメージかということでしょうか。

Photo

この記事へのコメント
クラウスターラーですか。
私も捜してみます。
安心して飲めて、美味しいのであれば試してみたいです。
飲み会では基本的には酎ハイ一杯だけ飲んでいますが、膵臓君にはダメージがあるんでしょうね(汗)
Posted by マーサー at 2008年11月16日 22:07
そんなお手頃¥があったとは・・・
つい先日「アインベッカー24本入」を取り寄せたばかりな私なのでした。。
私は、よく安い缶チューハイを飲むと背中が痛くなってたので、果汁いっぱいのチュウハイに変えたら背部痛がなかったので、そればかり飲んでましたが、病状を知った今は怖くて飲めないのが現状です(^-^;
Posted by ななみ at 2008年11月17日 13:52
愛飲してます。
いろいろ飲んでみましたが、私はドイツ系のものが好みに合ってるみたいです。
クラウスターラーは比較的どこにでも売ってて入手が簡単ですが、ご指摘通りアルコール度数があります。
もう一種類ドイツのでホルステンというのも安価で入手し易く、こちらは限りなく0.0%だったと思います。(今、自宅でないので確認できませんが…)
これも美味しかったですよ♪
先日近所の酒屋でこのホルステンが賞味期限12月という理由で99円だったので買占めました(笑)。
Posted by MISA at 2008年11月17日 19:36
マーサーさん>味はなかなかでびっくりしました。ふだん0.1%なので余計に強い(笑)感じがしてきいたのかもしれません。マーサーさんは痛みがないのに、よくアルコールをセーブされているなぁと敬服しています。

ななみさん>果汁がダメージを軽減してくれるのでしょうか。それだと私も試してみたいですね。実はたままたクラウスターラーのホームページにも、レモンを絞っていかが、というようなコーナーがあります。
<a href="http://www.kataoka.com/products/clausthaler/index.html" rel="nofollow">http://www.kataoka.com/products/clausthaler/index.html</a>
ビールにレモンなんて聞いたことないのですが、酎ハイに似た感覚なのでしょうか。

MISAさん>そうでしたか、愛飲されているのですね。ホルステンも聞いたことがあります。(MISAさんから以前お聞きしたかも?違ってたらごめんなさい。)ネットで調べたらホルステンは0.03%のようです。値段も安いのでこれも試さねば。それにしてもビールの期限切れというのもあるのですね。
Posted by カオル at 2008年11月18日 00:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448367

この記事へのトラックバック