2008年05月15日

小野薬○に聞いてみる

マニアックな話題です。

以前話題になったフオイパンの名称について、(フォイパンではなくフオイパンなのですね)メーカーの小野薬○さんに直接電話で聞いてみました。

対応された方は私の変な質問にも丁寧にお答えくださいました。

で、わかったことは、

@ 「フオイパン」は社内でも「フォイパン」と呼ぶ人が多い。

A 医療関係者でも「フォイパン」とよく呼ばれる。

B 日本以外では韓国でだけ販売されている。(なぜ他の国々では売ることができないのか  は聞きませんでした。)

C フオイパンの名称は点滴のFOY(エフオーワイ)と膵炎を意味するpancreatitisを合体して作られたものである。(FOYが先だったのですね。)

FOY + Pancreatitis = FOYpan

D FOYも海外では韓国・台湾・イタリアでのみ販売されているだけである。

ここからは私の推測です。

フオイパンの「オ」の大きさですが、エフオーワイを元に名付けた時に、エフオーワイの語感の中の「オー」の強さをそのまま引きずりたかった。あるいは引きずってしまったのではないでしょうか。

エフオーワイパン → エフオーイパン → フオイパン

他に聞きたかった質問として「なぜそんなに高いままなんですか」というのがあったのですが聞けませんでした。

小野薬○さん、ありがとうございました。





posted by カオル at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 膵炎と薬
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448334

この記事へのトラックバック