2008年04月12日

自家膵島移植の実績?

疼痛がひどくて日常生活も送れないほどの慢性膵炎の患者の方に対して、膵臓を摘出し、その膵臓から、インシュリンを分泌する膵島だけを抽出し、肝臓のあたりに自家移植するという「自家膵島移植」という外科処置がアメリカの一部の病院で行われているようですが、日本でも実績があるのかな、とも思えるような記事を見つけました。
「日本消化器外科学会雑誌」というタイトルの専門誌の中の記事らしいのですが、神戸大学の第一外科の先生方が書かれた「慢性膵炎治療における自家膵島移植の有用性」という記事で、その概要によれば、神戸大学で41歳の男性に対して行われたということのようです。
雑誌の発刊時期はどうやら2000年7月のようなので、かなり前のことになります。

しかし、8年前の記事に載っているようなことなのに、現在「自家膵島移植」が治療の一つとして確立しているとか、しつつある、という話は聞きません。

アメリカでも標準治療とまでは行っていないようなので、日本ではまだまだ実験治療ということなのでしょうか。

posted by カオル at 21:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 膵炎と外科的治療
この記事へのコメント
あ〜
これこれ。。。

昨年、私が手術を考えさせられた時。。。
今まで(子供の時に3回)した手術と同じような
術式だったら、絶対に断るって言ってたので〜

この記事のような。。。
膵臓のランゲルハンス島を、肝臓に移植し定着させて〜
そうすれば。。。。
インスリンも要らず。。。消化剤を少し多めに飲むくらいで、普通の人のように、なれると。。。
もちろん、膵臓を摘出する訳ですから、膵炎の痛みとも、別れられると。。。

でも。。。
ちゃんと、ランゲルハンス島が肝臓に定着するって言うのが、前提の話だったので〜

おそらく、これをやっている人は、僅かしかいないはずだし〜事例が殆どないのでは。。。

成功率も良く分からなかったので、私は拒否しちゃいましたが。。。
机上での考えでは、うまくいくらしいデスがねぇ〜

って、私の3回の手術だって〜
机上では。。。上手くいくハズだったのに〜
失敗だったというくらい(トラウマになるくらい)ですから〜

やはり、難しいんでしょうね。。。
Posted by めっしー at 2008年04月13日 10:44
めっしーさん、こんな身近(と言っては失礼でしょうか?)な方が自家膵島移植を提案されていたとは驚きました。
情報ありがとうございます。
自家膵島移植は2、3年前の増悪期の時に調べたことがあったきりだったのですが、めっしーさんがおっしゃるように、膵島の定着の問題がありました。
膵島を膵臓から分離する技術の面では日本でも相当進歩しているようなのですが、元々の膵島自体の数が減っている場合には定着はよくない、という報告があります。

でもめっしーさんにお話があったということは、日本でも実際にいくつかの事例はあるということでしょうね。
Posted by カオル at 2008年04月13日 23:01
ほんの数例でしょうけどねぇ〜。。。

やはり、この移植は。。
膵炎の方に向けて〜ではなく。。
とても、失礼な言い方ですが、末期の癌の方で
少しでも。。延命を望まれている方が。。
ということらしいです。
って。。
成功して、定着したとしても。。。数年がいいところなんでしょうかねぇ〜
あと、何年生きられるかは謎ですが。。。
数年という訳ではないと思うので。。(汗

カオルさん。。
このコメントに問題がある様でしたら、削除してくださいませ。すいません。
一応、私の知る情報として。。書かせていただきました。
Posted by めっしー at 2008年04月15日 12:56
めっし〜さん、情報ありがとうございます。癌患者の方への治療ということは初めて知りました。
主に糖尿病患者の方を対象にした、他人からの膵島移植を行える拠点病院が全国に数カ所(5カ所?)あるそうですが、事例が重なっていくと、慢性膵炎患者への自家移植も増えてくるのではないでしょうか。
Posted by カオル at 2008年04月16日 03:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448325

この記事へのトラックバック