2008年03月29日

フ「オ」イパン?

とても細かいことでくだらないことだとは思うのですが、ホームページの書きかえで膵炎の薬についてネットで調べている時に気づいたのですが、フォイパンは正しくは「フオイパン」なのかも知れないということです。何が違うかといいますと、「オ」の大きさです。医薬品のサイト内の検索では小さい「ォ」だと引っかからないことが多く、大きい「オ」だと何件も出てくるということが数回ありました。たぶん製品名は「フオイパン」ですね。読み方はどうなんでしょう。「ふ・お・い・ぱん」でしょうか。「ふぉい・ぱん」の方が断然言いやすく普通ですね。どうでしょう。
また、同じ小野薬品の点滴用の薬剤にFOYというのがありますが、これもサイトによっては「エフオーワイ」としてあるところがありました。それが正式名称でしょうか。

なかなか手強いかも、小野薬品。

posted by カオル at 23:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 膵炎と薬
この記事へのコメント
「フオイパン」(「オ」が大きい)だと、私の主治医は言っています。「フォイパン」と発音したら、しっかり訂正されてしまいました。
Posted by ひでお at 2008年03月30日 17:07
ご無沙汰しています。
今、薬を見直してみました。フオイパンと書いてありました。病院で渡された薬の説明書にも、フオイパンと記述しています。
ず〜っと、フォイパンだと思ってそう読んでいました。(思い込みって恐ろしい?!)
滅多に行かない病院で今年1月に貰った説明書の「薬の副作用」の項目が、以前に比べて増えていました。こういうところも、多くの患者の症例から少しずつ変化しているのでしょうか。
Posted by ようかん at 2008年03月30日 17:07
ひでおさん>やはり「ふ・お・い・ぱん」という発音なんですね。今まで気づかないなんてうかつでした。逆に初めて行く病院で「ふおいぱん」ってこっちから発音してみると驚かれるかも知れませんね。「ああベテランだぁ」とか。

ようかんさん>お久しぶりです。薬の名前ってなにか適当に決めているように思うのですが、「フオイ」ということに名前を付けた人の意図があるのでしょうね。なんだろう。
副作用については発生する可能性がかなり低くても書くようになってきたのかなぁという気もします。訴訟があり得ますから。
Posted by カオル at 2008年03月30日 19:16
私も、薬の検索をかけるとき。。。
「フォイパン」だと。。。何度やっても
ダメでした〜
サイトによっては。。。拾ってくれるトコもありましたが。。。。
正式にはやはり、「フオイパン」のようです。
でも、先生や看護師さんと話すときは〜「フォイパン」になってしまいますねぇ〜(汗

「FOY」もおっしゃるとおり、「エフオーワイ」と入力しないと、検索からはじかれtしまいます。

まぁ〜どっちでもいい気がするのは私だけでしょうか??(笑
Posted by めっしー at 2008年04月05日 21:08
自然な発音は「フォイパン」ですよね。正式名はフオイパンですが、言い方としてはフォイパンの方が自然です。小野薬品工業に尋ねてみようか、と思ってます。「御社では『ふ・お・いぱん』と言われいるのですか」と。小野薬品はメールでの問い合わせは受け付けていないようなので電話ですね。
「変な人」と思われるのは必至ですが。
Posted by カオル at 2008年04月06日 10:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174448317

この記事へのトラックバック