2007年12月26日

『生活習慣と膵臓病』が届きました

ninaさん紹介のもう一つの本、『生活習慣と膵臓病』が届きました。今年福岡で開催された同名の市民講座を本にしたもののようです。この本にもおもしろい記事がいくつかあります。たとえば「社会的ストレスと慢性膵炎の関係」という章があるのですが(こういう章があること自体が新しい感じがしますが)その中のアルコール性慢性膵炎患者の性格的特徴の記述はこうです。「アルコールを飲む方は社会的順応に過度に関心があり、良心的で、完全璧が強く、几帳面で、些細なことにもとらわれやすく、リラックスできない強迫的性格傾向を示す方が多く、より社会に適応していると考えられています。つまり、強迫的性格傾向の強いアルコール性慢性膵炎の方ほど、飲酒や脂肪食の嗜好の習慣が多く認められるのですが、より社会に適応しているという背景には、飲酒や脂肪食摂取などで心理的ストレスを発散させていると考えられます。」私は酒宴では結構飲んでしまう方でしたが、言われてみれば人と交わる場で交流を求められることのストレス解消もあったようにも思います。先日も近所の子供会のクリスマスパーティでポイントワンを8缶も飲んでしまいましたし。

posted by カオル at 22:57| Comment(6) | 膵炎と関連書籍
この記事へのコメント
カオルさま。本届いたのですね。こちらの方が読みやすいでしょう?最近は調子は良いのですか?『ワンポイント』と言う物がどういう物かわかりませんが、8缶も飲んだら胃が膨らんで痛くなりませんか?炭酸がいけないのは、胃が膨らんで膵液が出てくるからだそうですが…。 ま、ちょっと無理が出来るくらいが嬉しいですよね。
ところで、膵臓が痛い時期、体がとてもきつくなったり疲れたりする方いらっしゃいませんか?私は食べ物と言うよりストレスで痛むのでそうなのでしょうか?
Posted by nina at 2007年12月27日 21:22
コメントありがとうございます。調子はずっといい方だと思います。炭酸も時々飲むことはありますがポイントワン(アルコール度数が0.1パーセントのビールのような飲料です。)でも8缶は翌日応えました。
膵臓が痛い時は疲れやすくはなると思いますよ。職場の親睦バレー大会でもすぐにプレー中断で勝手に休憩ということをしていました。
Posted by カオル at 2007年12月27日 23:43
カオルさん。
やはり疲れやすくなるのですね。 何をしてもきつくてきつくて。 そんなときはやはり点滴がよいのでしょうか? じっとやすむしかないのでしょうかね。 それにしても0.1%でもビールに手がでるのですね〜。
Posted by at 2007年12月28日 09:56
お久しぶりです。
ご紹介の本私も購入しました!
薄くて読みやすそうですね〜 それでいて中身は興味深そう!
明日から出かけるので新幹線の中でじっくり読ませて戴きます。
もちろん行き先にはすでに「ポイントワン」とノンアルコールワインを宅配済み!
1パーセント未満でも、お茶や炭酸飲料に比べれば心が満たされる感じがするのです…♪

皆様膵臓に気をつけてよいお年を…
Posted by mana at 2007年12月28日 23:08
ninaさん>1%以下だとノンアルコールという分類になるそうです。最近気になるのは0.1%なのでかなり少ないのですが、それで4,5本飲んで運転したらどうなるのだろうか、ということです。やはり飲酒運転ということでしょうか。慢性膵炎なのに飲酒運転でつかまるなんてカッコわる〜。

manaさん>お久しぶりです。お元気そうでよかったです。ノンアルコールワイン、私はまだ試したことがありませんでした。今度飲むぞ〜!
お気をつけてよい旅を!
Posted by カオル at 2007年12月29日 00:37
カオルさん。
お酒が好きな方は、そうですよね、手が出ますよね。でも、どうぞ膵ちゃんと良く相談なさって。

manaさん。
本買って下さったのですね、ありがとうございます。回し者ではないですが。ノンアルコールワインってあるのですか?知りませんでした。私も探してみよう。若い頃は飲んでいましたが、今はほとんど飲んでなく、でも、お祝いの時は欲しいですね。年末年始大荒れの様です。お気をつけて。
Posted by nina at 2007年12月29日 11:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: