2007年07月11日

慢性膵炎からの再生

「慢性膵炎からの再生」という刺激的なタイトルの記事を見つけました。
順天堂医学という医学雑誌の記事だそうです。
記事そのものは、あまりにも難しいようですが、比較的新しい(2006年?)ようなので少し嬉しいなぁ、と感じています。

頑張れ順天堂!


posted by カオル at 23:48| Comment(6) | 膵炎と夢の発明品
この記事へのコメント
カオルさん、朗報をありがとうございます♪
とにもかくにもラットとイヌでは慢性膵炎が治ったってことですよね?
てことは同じ哺乳類である人間が治らないわけないですよね♪
膵臓の組織って再生するんですね。
筋線維芽細胞というやつが邪魔するってこと??
難しすぎてよくわかりませんが、カオルさんは検索の達人ですね!
Posted by ぷにゃこ at 2007年07月15日 09:11
内容は私もよくわからないのですが、「希望」のある話ですよねぇ。ネズミレベルだといろいろいい話がありますね。自分がネズミだったら良かったと思います。
Posted by カオル at 2007年07月15日 10:30
こんにちは!朗報ですね!!
私自身は、慢性膵炎症状というだけで、数値も所見もないんですけど、あきらかに油物に反応するので、発症10カ月誰とも外食したことがなくて;;
6年後までに治療薬の開発を夢見ます。待つわ待つわいつまでも待〜つ〜わ♪
Posted by まきんこ at 2007年07月16日 10:28
外食が難しいというのは困りますよね。油物というと日常的な昼食(定食など)がひっかかりそうですね。よほどの身内で、事情をよくわかってくれている人ならいいのでしょうけれど。
Posted by カオル at 2007年07月17日 00:05
カオルさん、希望のあるお話をありがとうございます!
最近だめだめモードなので、カオルさんのサイト、みなさんの言葉が本当にこころのよりどころです。(ハ*))
まきんこさん、発症10カ月。私と同じです!
数値も所見もなくたって、あきらかに症状があると、誰とも外食できないですよね。すごくよく分かります。( p_q)
希望を持ってがんばりましょうね!ヽ(〃'▽'〃)ノ☆゚'・:*☆
Posted by バンビ at 2007年07月17日 10:05
医学の進歩に期待するしかないところです。膵炎の完治が最高のシナリオですが、そこまで行かなくても、とりあえず慢性膵炎「疑診」としか診断できない我々の症状をきちんと確定診断できるような精度を医学界には持ってもらいたいなぁ、と願っています。
Posted by カオル at 2007年07月17日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: