2007年07月09日

食事制限

最近の食事制限緩和

以前から比べて緩和している食事制限

マーガリン・・・・朝食はパン2枚ですが、1枚は納豆、もう一枚はマーガリンを塗ることがあります。ジャムかマーガリンですが、ジャムは糖分が多いので悩んでいます。

コーヒー・・・・不調時は全く受け付けず、よい時でも2倍から4倍に薄めていたレギュラーコーヒーも最近は薄めずに飲んだりしています。

肉・・・・・ヒレなどの低脂質の肉を中心に食べています。

ポテチ・・・3分の1袋くらいなら結構食べてます。

唐揚げ・・・最初は勇気がいりましたが、子供の食べるフライドチキンなどをかっさらって食べたりしています。1回1本くらいが限度。

ピーナツ・・・これも少しなら、言いながら袋の半分くらいいってしまいます。

緩和できないもの

アルコール・・・・これは無理です。

天ぷら・・・唐揚げとは変わらないとは思いますが、飲み会などではコロモを剥いで裸にして食べます。

結構普通に食べています。太るはず。

posted by カオル at 23:50| Comment(7) | 膵炎と食生活
この記事へのコメント
カオルさん、結構普通に食べているといっても、普通の人よりやっぱりかなり制限があるし、大好きなお酒がだめなのだし、つらいと思います。(ハ*))
私はもともとお酒も飲まないし、脂っこいものも好んで食べなかったのですが、体調を崩し食事後の痛みに悩まされるようになってから、食べられないものがものすごく増えました。
カオルさんのHPの方の【慢性膵炎の食生活】の中の、ひでおさんの厳しい食事制限、何度も分かる分かると読み返しています。
駄目なもの。私も同じくみんな駄目で、制限しているというより、痛くなるので口にできません。涙
でも、料理やお菓子。パン作りがなによりの趣味で、だんなさんもいるので、自分が食べられなくても毎日料理はしているのですが、キッチンで少し味見するだけで膵臓をえぐられるような。。。膵臓と背中を両手で押さえなくては耐えられない程の痛みがくることが多くあり、情けなくなります。
食卓は一緒に囲み、作って並べた中で、自分が食べられるようなものだけを食べるようにしているのですが、それでもやっぱりちょっと膵臓に悪そうなものもつい口にしてしまったりして。。。痛みにあとで後悔しています。( p_q)
この世でいちばんの大好物のソフトクリームも、『きっとだいじょうぶ!神様!』と挑戦して食べてみたのですが。。。
その後3日間苦しみました。涙
お酒も以前から飲まないと言っても、お祝いの時の乾杯や、友人たちとの飲み会では軽く飲んでいたので、同じように少しだけなら。。。と飲んでみたら、膵臓が拒否反応で暴れ出すかのように痛みました。
やっぱりだめなんですね。。。

こんな状態になってから初めて【食】というものが、生活、人生の中でどれだけ大きな部分をしめているかということが分かりました。
日常の楽しみの食だけでなく、家族と外出する時、友達と遊ぶ時、『何食べようか?ヽ('ー'#)/ 』っていうことが、すごく重要なことだったんだなぁ。。。そのお出かけを楽しく明るくしてくれる要素だったのだなぁって分かりました。

先週金曜日もかかりつけの膵臓の先生の日だったのですが、『私のようにはっきりとした確定要因がない膵炎のひとっていますか?』と勇気を出して聞いてみたところ、『実は膵臓の研究はまだ進んでいないので、分からない事がまだまだたくさんあり、確定要因がなくても、あなたのような膵臓の形、変形肥大があって、長い間痛みを訴えている患者さん、私の担当の患者さんの中でも何人かいます。●●大学病院でもその研究報告が出ていたようです。』と教えてくださいました。
少しほっといたしました。
でも、確定要因がないので、フォイパンやその他いろいろな痛み止めを飲むくらいしか治療法がないようです。。。

背中の痛みがあまりにもひどく消えないので、今日はその膵臓の先生が紹介状を書いてくださった整形外科も受診してみたのですが、特に骨には異常はなく、痩せ過ぎだからじゃないか。と言われました。
膵炎で食事が思うようにできなくて痩せ、身体の痛みをさらに拡大してしまっているのかもしれません。
病気が病気を招く。と聞いたことがありますが、これ以上不調にならないようにがんばりたいと思います。

確定要因があり、入院したりなどして苦しい思いをしている方。本当に本当にとてもたいへんだと思います。
確定要因がなく、でも不調に悩み苦しんでいる方もつらいと思います。
でも、明るく前向きに、がんばっていきましょうね!ヽ('ー'#)/

だらだらとつい長くなってしまい、申し訳ございませんでした。(ハ*))
聞いてくださってありがとうございました。☆.*:
Posted by バンビ at 2007年07月10日 16:39
カオルさん、こんばんは。
普通に食べられていて、太られたのですか?
とても羨ましいです。

私はず〜とやせ続けております。
どうすれば太るのですかね。
私の食事内容は、カオルさんと変わらないと思うのですが。

今日はエコー検査の日でして、特に異常はありませんでした。
お医者さんに体重をこれ以上、落としたくないと訴え、消化を助ける薬「エクセラーゼカプセル」を出してもらいました。

この薬で少しでも体重が増えればいいのですが。
Posted by マーサー at 2007年07月10日 19:31
私も太っています。
増悪期には痩せたのですが、いまや元の木阿弥です。(私は小柄ですから、さすがにカオルさんほどの体重はありませんよ、念のため。^^;)

体調が良くなって、厳しい食事制限をしなくなってから太りだしたようです。(カオルさんのHPに紹介された当時は何を食べても腹痛が悪化するような状態でした。)

ただ、食事制限を緩和したとは言っても、カオルさんほど緩和はしていません。(マーガリンなどもってのほか、ポテチやピーナツなども一切食べません。揚げ物は外出等でやむを得ず食べる程度。)

それでも太りました。中性脂肪が多いのが悩みの種です。食べ過ぎ(特に甘いもの)と運動不足も大きな原因ですが、おそらく、漢方薬とタフマックのおかげで消化吸収が良くなったのだと思います。(しかし腹痛は消えていません。)

エクセラーゼは良さそうですね。
今度タフマックからエクセラーゼに処方を変えて貰おうかな・・・ますます太ったりして・・・。
Posted by ひでお at 2007年07月10日 21:19
私なんて病院食で太りましたよ〜。
先生の許可得てバナナなんかは間食してますが、
膵炎の入院中にまさか体重増大を望めるとは・・。
(いや、増えてほしくないんですけどね。。)

カオルさん、パンにマーガリン塗れるとはうらやましいです♪
私も早くそこまで回復したいなぁ〜。
Posted by ぷにゃこ at 2007年07月11日 12:57
カオルさん、すごいモノ食べてますね。へろへろは、一生食べられないだろうなあ、と思うもの連発です。
そして、立派な体格になられたのも納得・・・
しかし、そんないいモノ食べてなくても、へろへろは、結構太ってしまっています。一時期、たくさん食べてもやせた時期があったんですけどね。どうしたのでしょう?消化吸収がちゃんとできるようになったのだ、と、いい方に解釈するようにしていますが・・・
Posted by へろへろ at 2007年07月11日 20:00
バンビさん>おっしゃるとおりで「食」は生活の中心的存在ですねぇ。脂質を制限するだけでも「うまさ」のほとんどが失われますもの。確定所見のない膵炎疑診族の我々は、ある種宙ぶらりんの状態だと思いますが、それは医学が本当に追いついていないのだと思いますよ。症状が確かにあるわけですから。いつか「疑診」などといういわれのない差別から脱することができるような診断技術が開発されると思います。

マーサーさん>普通に食べる、というよりちょっと食べ過ぎだと思います。家内と子供3人と一緒に食事をしても、いつも最速で、最大に食べます。速く食べるというのは貧乏人の子だくさんで育ったための習性かも。遅いと他の兄弟に取られますから。こういう育ちの悪さもあってアルコールも同じように最速で、最大に摂っていたかな?速いのも太る原因ですね。

ひでおさん>これもある種のリバウンドだと思いますが、膵炎の激ヤセの後でも、太りやすくなるのでしょうか。私の場合、「げっぷ」は相変わらずかなり出るのですが、消化機能自体はまだ大丈夫のようです。とにかく間食を抑えることで、肥満から脱出を目指しています。

ぶにゃこさん>病院食で太るというのは、もともとがやせておられたのでしょうか。マーガリンはさすがに初め怖かったですね。去年の5月から薬を飲まなくなりましたが、そこからでも約1年くらいかかったと思います。慢性膵炎でも、緩やかです、
節制すれば回復するのかなぁ・・・・

へろへろさん>先日、元横綱貴乃花がテレビに出ているのを見て、現役時代から比べて、そのやせ方(170→90キロだそうです)にちょっと同情しそうになりました。まさか貴乃花の体重を超えることはないとは思うのですが・・・・。膵炎業界にもいろいろな体重があっていいのではないでしょうか。(このままいくと業界を追放されそうな不安もあったりします・・・)
Posted by カオル at 2007年07月11日 23:32
ヤバイ、私、カオルさんより凄いの食べてる^^;
だから激太りしてるんだ私…。
慢性膵炎患者らしからぬこの体。
主人にお風呂で「ホントに有り得ないほど立派な体だなぁw」と褒められて?ます^^;
Posted by おかみ at 2007年07月11日 23:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: