2007年06月11日

「まゆやま」

今日は休みでした。
妻が「まゆやま」という映画を観にいこうというので、「まゆやま?なにそれ?」と思いながらついて行ってみると、「眉山(びざん)」でした。眉山は徳島にある山の名前だそうです。

さだまさし原作の感動作で、宮本信子を始めとする俳優さんの演技も抜群なのですが、いかにも「狙っている」感じのストーリーで、やや退屈な流れを感じていました。しかし、クライマックスのポイントでは意外にも「ううっ」とこみ上げるものがきてしまいました。(妻は決して泣きません。不思議です。)

30歳を過ぎてから涙もろくなったような気がしますが、病気がそれに拍車をかけているような気もします。



posted by カオル at 23:45| Comment(0) | 膵炎と日常
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: