2012年08月19日

難病医療費助成拡大?

慢性膵炎は国の指定する難病の一つになっていますが、確か私の記憶では慢性膵炎の治療費の助成は国レベルでは行われておらず、自治体によって行っているところもある、という程度で、それも全国でほんの数カ所(全くのウロ覚えですが)だったように思います。

で、2,3日前の記事で厚労省の専門医委員会という組織が「現在は56の難病に限られている医療費助成の対象を拡大することを柱とした中間報告をまとめた」とあり、もしかしてもしかして、重度の慢性膵炎の方にとっては朗報となるかも、と感じました。

私のように日常生活が送れるレベルの方々や、またアルコール性の方々(私もそうですが)もなんとなく自業自得のようで助成金の請求はしにくいのではないかと感じますが、特発性の方々で症状が重い皆さんには、なんらかの公的助成が当然あってしかるべきものではないでしょうか。

私が請求したいものを挙げるとすれば、ノンアルコールビールの方が発泡酒や第3のビールよりも値段が高いので、その差額です。はい、無理ですね。

posted by カオル at 23:15| Comment(5) | TrackBack(0) | 膵炎とニュース