2012年03月25日

逆流性食道炎

よく慢性膵炎と間違えられる病気に「逆流性食道炎」というものがあるそうですが、以前、Eisaiという製薬会社のチラシでその病気のことを書いたものがあって、たまたま部屋の片付けをしていたら出てきました。

鉄腕アトムの顔が乗っているそのチラシは『「逆流性食道炎」の自己チェック』と題して、アンケートの形式になっています。質問は以下の12個です。

@胸焼けがしますか?

Aおなかがはることがありますか?

B食事をしたときに胃が重苦しい(もたれる)ことがありますか?

C思わず手のひらで胸をこすってしまうことがありますか?

D食べたあと気持ちが悪くなることがありますか?

E食後に胸やけがおこりますか?

F喉(のど)の違和感(ヒリヒリなど)がありますか?

G食事の途中で満腹になってしまいますか?

Hものを飲み込むと、つかえることがありますか?

I苦い水(胃酸)が上がってくることがありますか?

Jゲップがよく出ますか?

K前かがみをすると胸やけがしますか?

ということで逆流性食道炎の症状は大体以上のようなことになるのかな、と推測されます。

で、それぞれの質問に、「ない」=0点 、「まれに」=1点、「時々」=2点、「しばしば」=3点、「いつも」=4点、というチェック欄があり、

「8点以上ならお医者さんへ」、

と書かれています。

で、ここで書かれている症状ですが、慢性膵炎の症状と重なるもの、例えば、胃が重苦しい、というのもあるように思いますが、脂質の摂取とかアルコールの摂取、あるいは背中の痛みなどが、全く登場しない症状群なのに、どうしてこの病気と慢性膵炎が混同されるのだろうか、と思ってしまいます。

Eisaiさんは逆流性食道炎の薬に自信があるのでしょうね。

慢性膵炎の特効薬も作ってください!

posted by カオル at 20:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 膵炎と定義