2009年06月25日

ホッピー現る!

自動車業界ではハイブリッドがホットな商品となっているようですが、飲料品業界ではノンアルコール飲料が市場を拡大しているのではないでしょうか。

西日本の私の住む町にもついに「ホッピー」が売られていることを発見しました。

ホッピーは関東ではよく知られていると思うのですが、西日本では、私はブログでコメントをいただいて初めて知ったものです。

確か焼酎を割ったりするとか、何か他のアルコールと混ぜるような飲み方が主流だったような気がします。

で、ホッピー発見のうれしさに思わず買いました。「ブラック」という方です。

味は・・・・・

う〜ん・・・・・

ホッピー単独ではちょっと役者が不足する、という感じでしょうか。

それだけで飲むのはつらいものがあります。その辛さは、たとえていえば、何かおいしい飲み物をほったらかしにして主要成分が抜けたような、そんな感じでしょうか。

コーラを置いていて炭酸が抜けた・・・

とか、

冷たいビールを置いていて、アルコールと冷たさが抜けた、とか、

単独で飲むノンアルコール飲料と考えることに無理あるのかもしれませんね。

2009年06月22日

「キリン フリー」効果?

近所のスーパーのアルコール飲料コーナーに新しいノンアルコールビールが陳列されていました。

ドイツの「ホルステン」です。

以前、他の方から紹介していただいたことがありましたが、実物を見たのは初めてでした。

珍しいので早速買いました。値段もお安く120円くらいでした。

キリンフリーは140円くらいしますからかなり安いですね。

アルコール分は0.03%だそうです。味もいいですね。ポイントワンよりいいかな。

このような新しいノンアルコールビールが増えるのはいいことです。

「酔える」ノンアルコールはないですかね。(意味不明ですね。)

2009年06月15日

温泉に行く

昨日の日曜日は久しぶりに一人で温泉に行きました。

午後3時過ぎだったのですが、家から車で20分くらいの鄙びた温泉です。

浴室はあまり広いものではなく、どれくらいと言えばいいのでしょうか、よくテレビドラマに出てくる下町の銭湯くらいの大きさでしょうか。

お客は私のような中年のおっさんから70歳以上かと思われる高齢の方くらいまでの年齢幅で、若い人はいませんでした。

約12、3名くらいがいたでしょうか。混んでるわけではないのですが、浴槽ではちょっと身を置く場所に困るくらいの人の数でした。それでも何とか隅に自分の場所を確保し、ゆっくりと温泉の湯に浸ることができました。

ちょっと奇妙だったのは、お互いに知り合いという人がいないようで、誰もかれもがずっと黙りこくっていたことでした。

常連さんならお互いに話し合ったりもすると思うのですが、日曜日の午後の早い時間帯となるとあまり常連さんは来ないのかもしれません。

目の前にいた私と同じくらいの年齢の人は、湯船につかりながら、ひたすらうつむいて御自分の股間あたりをじっと見つめているのでした。

私はその真剣なまなざしと、おじさんが股間に話しかけるのではないかという予感にちょっと恐怖を抱いて湯船からあがることにしました。

温泉であまり大声で話されても抵抗を感じますが、誰も何も話さず、皆バラバラな個人が一人ずつ来て、じっと固まっているような感じも何か寂しいものですね。

私も黙りこくったまま、20分くらいで浴室を出て、ロビーにあったマッサージチェアで体をほぐし、自動販売機のジュースを飲みました。

温泉はやはり私にはよく効くようで、慢性前立腺炎からくる痛みが明らかに軽減しました。

体もすこし軽くなったような気がしています。

孤独な温泉が合っているのかも知れません。

posted by カオル at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 膵炎と日常

2009年06月11日

Yahoo Japanの威力

ホームページ「慢性膵炎ノート」はほとんど更新が進んでいないのですが、今月初めから突然一日あたりのアクセスが倍増していました。どこか雑誌か何かで紹介されたのかなぁ、更新してないのに申し訳ないなぁ、とも思っていたのですが、サイトを訪れた人のリンク元のリストをみると、ヤフーの検索エンジンで膵炎に関わる言葉で検索して訪れている人が圧倒的に多いことがわかりました。で私もヤホー、いやヤフーで「慢性膵炎」という言葉で検索してみると、「慢性膵炎ノート」が1ページ目に登場することがわかりました(ちょっと後ろだけど)。実はグーグルでは以前から1ページ目に出ていたのですが、ヤフーでは数ページ後ろだったのです。「ははぁ、これかぁ」と納得できた感じがしました。ヤフーをポータルサイトに使っている人が、やはり多いのですね。サイトの内容が、訪れた人の満足のいくものかどうかは自信がないのですが、せっかくですから、少しずつでも前進させていかねば、と思っている次第です。

posted by カオル at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 膵炎とお金

2009年06月10日

振り逃げ

家内のおつかいでスーパーに買い物に行きました。

ひととり買い物を済ませ、出口のところへさしかかったとき、主婦とすれ違いました。

と、その時、

出ました。

ガスが。

しかもまるで自分の部屋で放ってでもいるかのような、集団への合図でもあるかのような、なんのためらいもない立派な音量でした。

「あ、しまった」

と思うと同時に、やってしまったことのあまりの大胆さに次にどういう行動をとっていいのかがわからなくなりました。

普通、すれ違う時に肩など体の一部が触れるようであれば

「あ、すみません」

とか、

「失礼」

という言葉が口をついて出るものですが、今回の「ガス」のようなあまりにも失礼なことをしでかした場合には、ヒトって何も言えなくなるものなんですね。

なかばパニックになった私が次にとった行動は、

ただ黙って後ろも振り返らずひたすら駐車場の車へと急ぐ、

というものでした。

あいにく車を出口のすぐそばに停めていたので、もし主婦が、「なんて失礼な」と憤慨して私が逃げるのをみていたら、車種を覚えたかもしれません。ひょっとしてナンバーを控えたり・・・

私は最後まで出口の方を振り返らず、駐車場を後にしました。

よく「おやじ」が駅などの公共の場で放つのを側で聞き、不快に思ったことがありますが、まさか自分がそれをしでかすとは・・・・

そのおやじたちも内心は恥ずかしいと思っていたのかもしれない・・・

と思ったのでした。

posted by カオル at 22:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 膵炎と今日の症状