2009年03月29日

毎度の挑戦

妻の飲む缶ビールを一口いただくのが生きる喜びの一つとなっている今日この頃ですが、ここのところ、多少多めになっており、一口が二口、三口、四口と飲んだりして、我ながらいい気になっているところがあります。

で、先日は酎ハイを強奪して、「甘いなぁ、ジュースみたいだなぁ」などとといいながら、4口、5口くらい飲みました。

その翌朝、気づいたのですが、酎ハイでは痛みが強いのです。

同じ量でもビールはさほどでもないのですが、酎ハイだと、刺すような痛みとでもいいましょうか、ま、アルコールを摂取しているので文句は言えないのですが「え、そんなに?」というくらい応えるのです。

度数が高いのかと思って確認すると度数は変わりません。

炭酸が弱いので案外飲み過ぎたのでしょうか。

酎ハイのアルコールは何か他とちがうのでしょうか。

もっと確かめてみたい気もするのですが、そんなことをする意味はあまりなさそうなのでこの実験はこれ以上はしません。

posted by カオル at 23:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 膵炎とお酒