2008年06月30日

胃カメラを飲む

近くの総合病院へ行き胃カメラを飲みました。

胃カメラは、7,8年前に一度飲んだことがあったのですが、久しぶりに苦しい思いをしました。最近は鼻から飲むものもあり、それだったら楽そうだな、と思ったのですが、鼻からより口からの方が「よく見える」そうで、どちらにしますか、と聞かれたのですが、よく見えるなら口からで、ということで従来型のものにしました。

胃の中の泡を消す飲み薬をのみ、胃の活動を止める注射をし、喉を麻痺させるゼリーを流し込みました。

ゼリーの麻酔が効くまで5分ほど待って診察台に行き、横になりました。

胃の中を写すテレビカメラは、横になっている私の目線よりかなり上にありました。見ようと思えば見られたのですが、「無理すると唾液などの体液が器官に入ってしまいますよ」ということなので、あきらめました。自分の胃の中のライブ中継で、何か変なものが登場するとショックを受けるだろうという思いもありました。

カメラが入ります。

異物が喉から入ってくるというのは本当に不愉快だと感じました。

カメラが舌を越えて「のどち○こ」を通り過ぎる頃が一番苦しいのですね。

「こんなに苦しかったかなぁ」と思いながら「オエー、オエー」と嘔吐を2、3度つきました。

涙も自然とこぼれてきます。

「体を楽にして〜。息をふーっと吐くといいですよ〜」という看護師さんのアドバイスに従って、腹のそこから息をはくようにすると嘔吐を抑えることが少し楽になりました。彼女はが子供をあやすように、私の肩をトントンたたいてくれます。

胃の中に入ったカメラで、今回X線で陰となっていた部分をはっきり見るためにレンズの向きを変えました。また水を流して胃を洗浄し、次に空気を送って見やすいようにしました。

胃カメラっていろいろなことができるのですね。

嘔吐を我慢しつつ、目からは涙、口からは唾液を大量に流しながら、検査は続きました。

事前の説明で、もし腫瘍のようなものがあったら、生検のために少し組織を採取すると言われていたのですが、それはありませんでした。

「はい、もう終わりですよ〜」と言われるまで、ほんの数分なのでしょうが、相当長く感じられました。

検査の結果は、カラー写真を使って説明してもらいました。

バリウムの陰ができていた部分のアップの写真がありましたが、何もなくきれいで、特に異常はない、とのことでした。

ただ、食道と胃との間の接合部がおかしくて、なんとかヘルニアといえるということでしたが、大したことはない、ということでした。いつもゲップばかりしているからでしょうか。

X線検査結果で要精密検査と言われてから、ずっと胃がしくしく痛むように感じていたのですが気分的なものだったのでしょうか。

今もちょっと痛みを覚えているのですが、これは背中までいっているので多分膵臓なのでしょう。

とりあえず、何もなくホッとしているところです。

posted by カオル at 22:59| Comment(10) | TrackBack(0) | 膵炎と日常