2008年05月10日

膵臓の歌

YouTubeという動画サイトで pancreas (「膵臓」) という歌のビデオを見つけました。歌っているのは、Weird Al  Yankovicという、アメリカの有名なパロディソングの歌手で、過去にマイケルジャクソンやビリージョエルなど、いろんな人のパロディーソングを大ヒットさせています。日本でいうところの嘉門達夫さんや所ジョージさんのような感じの方でしょうか。

以下のリンクを開くと歌が始まります。

pancreas

普段は誰も気にも留めない「膵臓」をテーマにしているところがおもしろい、
ということなんでしょうか。ちょっと日本的ではない感覚ですかね。
歌詞は大体以下のようになっています。

I'm always thinkin' 'bout it       いつも考えているのさ
I don't know what I'd do without it  それがなくちゃどうにもならないよ
I love, I really love            僕は本当に本当に膵臓が大好きなんだ。
My pancreas

My spleen just doesn't matter     脾臓なんてめじゃないよ。
Don't really care about my bladder  膀胱なんてどうでもいい。 
But I don't leave home without     だけど膵臓だけは、それがないと家からも
My pancreas                                  出られないよ。

My pancreas is always there for me 膵臓はいつも僕のためにそこにいてくれる。
Secreting those enzymes        酵素を分泌してくれている。
Secreting those hormones too    ホルモンも分泌してくれている。
Metabolizing carbohydrates just for me 僕だけのために炭水化物も代謝してくれているのさ。

(中略)

My pancreas attracts every other pancreas in the universe 僕の膵臓は宇宙に存在する他の全ての膵臓を引きつけるのさ
With a force (with a force) (with a force) proportional to the product of their masses 質量の二乗に比例する力で
And inversely (Oooh ooh-ooh ooh) proportional to the distance between them 距離に反比例する力で

Don'tcha you know you gotta                                    
Flow, flow, flow pancreatic juice
Flow, flow into the duodenum 膵液が十二指腸に流れなきゃならないって知ってるかい

Won'tcha flow, flow, flow pancreatic juice
Flow, flow into the duodenum  膵液を十二指腸に流そうぜ

Lipase, amylase and trypsin リパーゼ アミラーゼ トリプシン
(Won'tcha flow,) (insulin) (flow, flow) (glucagon) (pancreatic juice)(流そうインシュリン、グルカゴン、膵液)
They're gonna help with my digestion それが消化を助けるんだ 
(Flow, flow into the duodenum) (十二指腸へ流そう)
(Comin' from the islets of Langerhans)(ランゲルハンス島からでるのさ)

インスリンとグルカゴンも消化酵素であるかのような誤解を招きそうです。

posted by カオル at 23:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 膵炎とお笑い