2008年03月31日

人を看病する

家族ネタで恐縮です。
数日前から家内が微熱を出して寝込みがちです。
4、5日前は昼間は平熱なのが夕方に高くなる。ムカムカして時にカラ嘔吐をつく、という状態で、近所の医院に行くと「細菌ではなくウイルスだから抗生剤はなし。安静に」とのこと。炎症反応の指標であるCRPは2.4。頭痛の頓服薬のみもらって帰りました。それで安静にしていましたが熱は下がらず、逆に2、3日前から昼間も熱が出るようになっててしまい、吐き気は収まったものの、今度は咳がひどく出始めるように・・・・。「あれ、ホスピタルショッピングしてみるか」と今日は別の病院へ行きました。今日はCRPは3.4に上昇。確か4を越えると入院レベルだったような・・・・。レントゲンを撮り診断は肺炎。食事が摂れるので入院はいいでしょうということで、抗生剤をしっかりもらって今も安静にしています。この間
休みを除いて子供は家内の実家。さきほどようやく夜にしては平熱、という状態まで落ち着きました。1つめの病院と2つめの病院で症状が違ったのですが、初めの症状が治って、次に肺炎をもらったのか、初めから肺炎だったのか、よくわかりません。

久しぶりに看病する側にいられた一週間でした。

posted by カオル at 23:59| Comment(5) | TrackBack(0) | 膵炎と日常