2008年02月28日

前向きERCP

ERCPを一度もしたことがないし、まして使ったこともないのでこんなことを書くのは気がひけるのですが、久しぶりに「夢の発明品」を思いついたので書いてしまいます。それは前向きのERCPです。ERCPの器具はカメラが前向きで、進行方向の横についているので、そのために手技が難しいということがあるそうですが、発明品はERCPのカメラが胃カメラのように前向きについていて、そして十二指腸のところ、膵臓の入り口のところで、頭をくるっと90度回転させて、膵臓に入るというものです。これによって、前が見えず行き過ぎて穿孔という悲劇が起こることもなくなるでしょう。
新製品の商品名は
「前向きERCP」
そのままやん。

posted by カオル at 22:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 膵炎と夢の発明品