2007年12月20日

書籍を紹介して頂きました。

ninaさんから膵炎についての書籍を紹介していただきました。以下はninaさんからメールです。(ご本人の許可を得て転載させて頂いています。県名のみこちらで編集しています。)

============================================

かおるさま。
このブログは、数年前から時々見せていただいていました。
私も膵炎で、近くの消化器科で治療をしていましたが、6年間の半分以上点滴を受けると言う毎日で、疲れてしまい、ネットで膵臓学会を調べ電話して近くに医者がいるか尋ねました。
残念ながら、私の近県にはおられず、他県の大学病院まで行くことになりました。
自分の膵臓がどういう状態で、今後どうなっていくのか知りたくて、一人で飛行機に乗り、行ってきました。
8月まるまる入院して、エコー、CT,MRI,はもちろんのこと、ERPCも受けました。
外来新患で行って触診をしただけで、慢性膵炎ですと言われました。
私の子供のことを考慮してくださって、また、その時期とても具合が悪く、家の中もたって回れず這いずり回っていましたので、あまりに気の毒に思われてか、緊急入院をさせていただけました。
その先生が書かれた本が、12月に出ましたので、是非、かおるさんや、ここに登場なさる方々にも読んでいただけるとと思い、メールをさせていただきました。
本は
『生活習慣とすい臓病〜生命(いのち)を守る予防と治療〜「すい臓に愛情を」』という本です。海鳥社出版  1260円 
一般の書店には無いと思いますので、アマゾンや楽天で取り寄せると良いと思います。
私はこの先生のおかげで、自分の膵臓の事が初めてわかり、今後どうすべきかが、見えてきたように思います。慢性膵炎は、完治が難しい病気ですから、これからどうなっていくのか、良く理解して生活をしていかなければならないと、つくづく思いました。
関係書籍に入れていただけると良いなと思い、突然でぶしつけながら、メールをさせていただきました。もし、宜しければ、宜しくお願いいたします。
それから、もう一冊。
これは、随分前にネットで見つけて買った物ですが、とてもわかりやすかったので、書かせていただきます。
                     
名医のわかりやすい『膵臓の病気』  第二版 
 
林田康夫 順天堂大学医学部付属順天堂医院 総合診療科教授
 
もう、どこかでご紹介なさっていらしたら、ごめんなさい。
お忙しいところ、お邪魔しました。
お互いに、体をいといながら、楽しみを見つけてその日まで生きていきましょう。
それでは、失礼しました。
                      nina

======================================

膵臓の名医さんを時々紹介して頂きますが、よく共通しているのは「触診して膵炎だとわかる」ということのような気がします。

ninaさん、大変貴重な情報ありがとうございました。

posted by カオル at 23:10| Comment(8) | 膵炎と関連書籍