2007年11月27日

ショック

日本赤十字社から封筒が届きました。
先日の献血の血液成分の分析についてはすでに結果が来ていたので、何だろうと思ってあけてみると、なんと私の血液にB型肝炎のウイルス(?)が含まれている、ということでした今は肝炎ということではないが、以前罹ったことがあり、それが治っているのだ、という内容でした。で、献血は今後しないようお願いがされていました。

文面では日本人の成人5人に1人が私のような肝炎のウイルスキャリアだとか。
以前にはわからなかった精度の高い検査で判明するようになったそうです。

父が亡くなる前にかなりの献血をして頂いたので、せめてものお返しに、と行ったものでしたが残念ながら使えないそうです。

何もいいことがない今日この頃・・・・

posted by カオル at 21:50| Comment(5) | 膵炎と日常