2007年11月27日

ショック

日本赤十字社から封筒が届きました。
先日の献血の血液成分の分析についてはすでに結果が来ていたので、何だろうと思ってあけてみると、なんと私の血液にB型肝炎のウイルス(?)が含まれている、ということでした今は肝炎ということではないが、以前罹ったことがあり、それが治っているのだ、という内容でした。で、献血は今後しないようお願いがされていました。

文面では日本人の成人5人に1人が私のような肝炎のウイルスキャリアだとか。
以前にはわからなかった精度の高い検査で判明するようになったそうです。

父が亡くなる前にかなりの献血をして頂いたので、せめてものお返しに、と行ったものでしたが残念ながら使えないそうです。

何もいいことがない今日この頃・・・・

posted by カオル at 21:50| Comment(5) | 膵炎と日常

2007年11月20日

妻のビール

膵臓的には特に大きな変化もなく日常が過ぎていきます。仕事がきついので慢性的にやる気の出ない状態ではあるのですが、ヘロヘロながらなんとかこなしているという状況です。
数日前は妻が飲む発泡酒を数口飲みました。ポイントワンに慣れている味覚にはアルコール分5%は相当きつく感じました。やはりうまいですね、アルコール。
今日は妻がコップ酒でした(どんだけ飲むの?)が、これはさすがに香りを楽しむことしかできませんでした。


posted by カオル at 00:12| Comment(6) | 膵炎とお酒

2007年11月01日

口臭

以前から口臭が治りません。
朝、家内を実験台にして確認(可哀想に)するのですが、回復しないのです。40代半ばで加齢臭というのもあるのでしょうか。まだ早いと思うのですが。シャンピニオンというのが多少効きますが根本的な解決にはなっていません。

人と近くで話すときは口を押さえています。

「口臭を気にしているな」と思われていると思うのですが、直撃弾を食らわせてしまうことになるよりはいいと思うのですが。口臭が目に見えたらいいのに。(よくないか。)

posted by カオル at 22:44| Comment(12) | 膵炎と日常