2007年04月26日

ガスとの戦い 〜ゲリラ編

頻尿ならぬ頻糞とでもいうのでしょうか、職場では1日に数回トイレにしゃがみます。そのため、以前にも書きましたが、ガスとの戦いは日常になっています。今日、外から職場に戻ってやや広めの部屋を自分の机まで行こうと壁際を通った時、壁を背にして座っている若い女性職員の真後を通過しようとしたまさにその時、

ピチッ!

と、弾くようなガス音が出たのでした。

あ、しまった。

とは思ったものの、その場で「ごめん」と告白することもできず、またひょっとしてこの音なら「ガス」だと気づかれないかもとか、またガスだとしても、ま、そんなことは世の中あるし、自分も人のガスがゲリラのようにとっさに出ても指摘しないし、結婚してから2度しか聞いたことのない妻がガスを発した時にも指摘しなかったし、俺って紳士だよなぁ、などと、人が死ぬ瞬間のように、それまでの人生を走馬燈のように振り返りながら、必死で自己弁護や葛藤をしながら、でも結局そのままスタスタとまるで何事もなかったかのように通過してしまいました。

でも臭いは残ったかもしれません。

音は一瞬ですが臭いはじっくりきますね。

自慢じゃないですが、私のガスは臭いのですよね。(伝えられないけど)

迷惑だったかもしれません。

鈴木さんごめんなさい。


posted by カオル at 23:14| Comment(5) | 膵炎と今日の症状