2007年03月25日

掲示板

慢性膵炎ノートの新しい掲示板をたちあげたのですが、プロバイダーの都合でなんと数ヶ月後に閉鎖になるそうです。スレッド式だし、広告もないので地味なデザインですが気にいっていたのですが、閉鎖がわかっていて使用を続けるのも問題があるので、プロバイダーが提供する別の掲示板に(またまた)移行することにしました。同じプロバイダーなので今までいただいたコメントはそのまま移行しています。ただ広告は入るようになっています。富士通系なので赤字解消策なのでしょうか。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

posted by カオル at 22:36| Comment(0) | 膵炎と日常

はやりのオヤジギャグ

職場の同僚によると、こんなオヤジギャグが流行っているそうな。

明治天皇が道端でうずくまっていました。

通りがかりの人が心配して、

「どうしたんですか」

と声をかけると、天皇は、



「目、いじってんの!」

チャンチャン・・・


第2段

昭和天皇が歌謡ショーを見に出かけました。

後から別の人も会場に行ってみると

天皇はなぜか会場から出てくるところでした。心配して

「どうしたんですか」

と声をかけると天皇は、



「ショー、終わってんのー」

チャンチャン・・・・

posted by カオル at 22:08| Comment(2) | 膵炎とお笑い

2007年03月24日

「まるごと一冊膵臓の本」届きました

真辺忠夫「まるごと一冊膵臓の本」(第二版)が届きました。まだ全部は読んでいないのですが、なかなかよさそうです。この種の本には初めの方に膵臓の消化のメカニズムの説明があるのですが、その説明が今までの本の中で一番わかりやすいと思います。膵臓から出る液体としてはアミラーゼなどの酵素以外に、重炭酸を含んだアルカリ性の液体があり、これが胃液で酸性化された食物を中和し、腸での消化吸収を助けていること。炭水化物(でんぷんなど)を消化するアミラーゼや、脂肪を消化するリパーゼといった膵酵素は、膵臓の中にある時からそのままの状態であること。(膵臓が炭水化物や脂肪でできているわけではないからそれでOKなのです。)ところがタンパク質を消化するトリプシンの場合はそのまま膵臓内で作られると膵臓そのものを消化してしまうので、膵臓内ではトリプシノーゲンという半製品のままであって、十二指腸の粘膜から出るエンテロキナーゼという物質と混ざって初めてトリプシンという強力な消化酵素になること、といったような、各酵素毎の細かい説明が嬉しいと思います。

他の本なら省くような、ややこしいことや細かいこともなるべくわかりやすく詳しく伝えようとする意志の感じられる、好感の持てる本です。

posted by カオル at 23:27| Comment(0) | 膵炎と関連書籍

アイベッカー、大ブレイクの予感

アルコール分が0.02%というノンアルコールビールのアインベッカーですが、昨年ネットで見つけた時は販売店が1つしかなかったのですが、今日調べると取扱店が驚くほど増えています。思えば昨年は飲酒運転による悲惨な事故があり、そのためにノンアルコールビールへの需要も急増しているのではないでしょうか。その中で「味」の面では他の国産ノンアルコールビールの追随を許さないアインベッカーはなんだか今年ブレイクするような(勝手な)気がします。

といって私が儲かるわけではないけれど・・・・・





posted by カオル at 00:20| Comment(0) | 膵炎と疑似アルコール飲料

2007年03月22日

旧ブログ・旧掲示板閉鎖間近

旧ブログ・旧ホームページですが、プロバイダーとの契約が終了しますので3月末で閉鎖されます。旧掲示板はプロバイダーとは関係ない無料サイトですが、新掲示板との併用はややこしいので閉鎖させていただきたいと思います。(ひょっとして)旧ブログや、旧掲示板の記事の保存を希望される方はお早めにどうぞ。

posted by カオル at 23:23| Comment(0) | 膵炎と日常